ハーレムに潜んでいた総務が中華街に引越したら、経理になっちゃった。


by HarlemSomu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

スペース

前々回のカウンセラーとの面談の直後、ウチの頭の中を過去の出来事が甦り、それらが走馬灯の様に駆け巡り。涙が止まらなくなってしまったんですわ、マジで。

今振り返ると、母方の祖母(うちは母の両親と同居)も、うちの親父も母親も、みんな鬱病の気配が大有りだったなぁ…と。

本人達は鬱病だって意識を持っていなかったけど、ウチの経験、家庭環境、ウチの両親の生い立ち等々をカウンセラーに伝えたところ、彼等が鬱病だった感が大いにあり… とね。だから今のウチがこんなでも、何の不思議もないそうだ(笑)。


えー、話をはしょります。

とにかく、一人になって自分っていう人間を確立しないと、いつまで経っても似たような恋愛関係に自分を陥れる&鬱病から抜け出すことは出来ない、らしい。

でも無理に急いで一人になる必要もなし、とのこと。

一人になっても大丈夫っていう覚悟・確信がもてた時に、そして、一人でいるウチを無干渉・過干渉しないで見守ってくれる人が現れたときに、もう一度一人暮らしをしてみなさい。そう言われました。


最近のウチの心境としては、自分をしっかり誉めたいって気持ちもしっかりあるし、悪い部分を認める=生い立ち・鬱病のせいにしないっていう気持ちの準備も出来つつあるし。オレ様も「とりあえず“別居”って形で、お互いのスペース&ペースを保ちながら、ゆっくり付き合っていこう」と言っているし。

今が一人暮らしをする良い機会かなって思っている次第であります。



たまには距離を置かないとね。お互いの距離が近すぎると、空気が濃くなっちゃって、体にも良くないから。新鮮な空気を沢山とり入れましょう!ってところですかね。

ちょっと距離をおいて、一緒にいられればまた時が来たら一緒になれるし、離れていっちゃう様であれば、無理にしがみつく必要もないし。



うーん、週末の大雪のお陰で、頭と心がダイブ綺麗になったかな(笑)。
[PR]
by HarlemSomu | 2006-02-13 17:11 | 鬱なおはなし。