ハーレムに潜んでいた総務が中華街に引越したら、経理になっちゃった。


by HarlemSomu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2007年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

あの~、かなり前に書こうと思っててずっとチャンスを逃していたことなんで、いまさらトラックバックをさせてもらうのもかなり恐縮ではあるのですが…

トラバしちゃいま~す!

いつもお世話になっている(書くネタをもらったりしておりまする)脳天気さんの1月11日のエントリー、たまに日本に行って「これはいかん!」と思ったこと 、ウチもいくつかあるのでやってみたいと思いま~す。

*自分に対して「こりゃいかん」って思ったことです。


-駅で切符の買い方がわからない → 電車関係のネタは他にも色々とあるんですが、これはかなりヤバイだろうってことで。(爆)

-公衆電話が見当たらない → これはね、日本の携帯事情についていけない+滞在期間も1週間とかそこらだから、公衆電話でいいやって思ってる自分がイカンのですよ。

-レジ(コンビニ、お店、どこでも)を去る前に「ありがとうございます」と言ってしまう → これはいけないことじゃないと思うんですけど、周囲にびっくりされちゃうんで、出来るだけ言わないようにと心がけてるのに… ってことで、いかんいかんってね。

-会話の最中に「Uh huhn」と相槌をうつ → かぶれてるって思われたくないもので。(苦笑)

-ココア(日本のメーカー)を飲んで「苦い…( ̄へ ̄)」と思ってしまった&おもいっきり砂糖とミルクを入れてしまう → となりにいた母親に相当驚かれましたです、はい。

-平気で文句を言ってしまう → 日本人ってやっぱり「自分が負けて・折れて“あげる”」ってことを重視するでしょ。でも黙って見過ごす、やり過ごすってことがどうしても出来ないんですよねー。

-(↑のネタに関係してるんですが)やたらと丁寧な対応にたいして自分が相手よりもさらに低姿勢になってしまう → だってそんなに丁寧に対応されちゃったら困っちゃうじゃないですか、ねぇ。

-小腹が空いたときなどに、お店(菓子パン、ケーキ、だんご、でなにかちょっとした食べ物を買って「すぐ食べるのでそのまま(包んだり袋に入れたりしない)でいいです」と言う → これは毎回マジで笑われます、店員さん達に。てかね、直ぐに食べるくせにちゃんと袋に入れてもらうって方が分からんぞ!

-自動ドアじゃないところで、誰かの後ろを歩いているときに自分でドアを押さえる/開けるつもりが全くない → これね、マジで思いっきりドアに突進しちゃったことが何回かあるんですわ。こっちの人って絶対後ろを確認するじゃないですか。ほんの2、3歩(時には5歩以上!)後ろに人がいるってわかってたら、ちょっとドアを押さえておきますよね。


ざっと思い返してみてこんな感じです。まだまだたくさん出てくると思うんですが、お手柔らかに…ってことで。(笑)

『逆カルチャーショック』とはよく言ったもんだよ、ホントに。(苦笑)
[PR]
by HarlemSomu | 2007-02-28 12:29 | 常日頃の話

日常エイゴ。

本日(2月27日)二つ目のエントリー。
ちょっと波に乗ってるもので。爆

久々に参りましょう、総務のエイゴ!
今日は「日常エイゴ」ということで、一つ目のエントリーにちょいと関連した話題に仕上がっております。

Stop for somebody
これはもうそのまんまの意味ですね。「誰かのために立ち止まる」ってことです。
外を歩いていて、声を掛けてきた男のために歩く速度をゆるめたり立ち止まったりすると、男は「You really stopped for me?!」と言って、いい意味でも悪い意味でもかなり驚きます。

彼氏や彼女との他愛のない会話のなかで「I stopped for 誰々 for a second.」とか言ってしまうと、ナンパしてきた人に気があったのか?!と喧嘩のもとになってしまうので要注意。


You're (so)cute.
これはもしかしたら前にも書いたかもしれないんですが、日本人女性は要注意です。

まぁ、解釈は人によりけりだとは思うんですが、一般的に、女が男に「You're so cute.」と言うと、男はウハウハとついてくるでしょう。

日本人(とくに女)はとりあえずなんでも「かわいい」で表現しますよね。
「You're cute.」のキュートがたとえ "baby cute" の意味であろうとも、"pretty boy cute" の意味であろうとも、ここいら(ハーレムだけじゃなくって)の男にそんなことを言ってしまった日にゃ、「おぉ、こりゃ俺もかなり脈ありやね」と誤解されること間違いなし。

彼氏や彼女がいる人。間違っても彼/彼女の友達を「He/she is cute.」と言わないほうが無難です。『容姿が良い』という意味で褒めるのであれば「He/she has a pretty face.」とか、そのまんま「He/she is a good looking guy/girl.」と言うと余計な痴話喧嘩が減るでしょう。


jump-off
これは話の内容やシチュエーションによって意味が変わってくるんですが…
男同士が女の話題で盛り上がってる(あ、別に盛り上がってなくってもいいのか(笑))ときにこの言葉が出てきたのなら、「尻軽な女」という意味で使われておりますのでご注意を。

くれぐれも「She's a jump-off (クスクス笑い).」とか言われないようにいたしましょう。


talk to someone
こう言うと「誰かと付き合ってる」って意味とほぼ同じことになります、とくにハーレム近辺では。
電話とかしてる最中はそりゃ「誰かと電話中」って意味にしかなりませんが。(笑)

「He's a guy that I've been talking to.」とか言うと、最近目ぼしい男を見つけた&結構いい感じの仲って感じになります。

元彼/彼女に「Are you still talking to 誰々?」って訊かれたのであれば、それは「あんたまだアイツとそういう関係なわけ?」と言われてる=やきもちをやかれてるも同然です。


chill with someone
『someone』が異性の場合(あ、同性愛者は“同姓の場合”ですね)、これは場所に限らず「誰かとまったり(クォート付き)する」ってことになります。わかります?“クォート付き”ってのは、ピースサイン(両手です)を作って、その両手のピースを2回曲げる、あれです。間接的に「誰かとイチャイチャする」ってことを表現するってなところですかねー。


go out with someonesee someone
これらはかなり一般的な表現ですので知ってる人の方が多いんじゃないでしょうか。「誰かと付き合う」って意味です。辞書にも載ってるかもしれないっすね、「see someone」のほうなんて特に。



えぇ~、こんな感じで如何でしょう。
いつものことながら今回のエントリーも役に立たないことばかりですが、楽しんでいただけたでしょうか。(笑)

お粗末!!
[PR]
by HarlemSomu | 2007-02-27 16:44 | 総務のエイゴ

変調の兆しか?!

いやいや~、すっかりアップを怠っておりましたです。
怠っていたというかですね、今回は三日ほどインフルエンザ(のような、ないような)でダウンしていたもので。いつも適当な理由をつけて会社をサボるこの私も、今回は正当な理由で欠勤しておりましたです。笑



それはさて置き。

いつもの如く、その辺を歩いていると声を掛けてくる輩たち。
パターンとしては

「Heeeey, Beautiful. Need a boyfriend?」

だの

「Hey cutie, let me talk to you for a sec.」

だの、下心丸出し-しかもそれを恥じてない-奴らばっかりだったんり、人を人としてでなく、肉の塊(piece of meat)としてしか見てない奴らのみだったんですよ。


だったんです。


そう、過去形です。


お陰さまで(爆)、相変わらず声はかかります。
そして相も変わらず、酔ってるんだかハイなんだかわかりゃしない怪しいやつも近寄ってきます。

じゃあ何が違うかと言いますとですね、
輩が投げかけてくる言葉&言葉使い、なんですよ~。

その違いも、声を掛けてもらう身としては内心嬉しい変化なんですよねー。

最近は

「Enjoy your evening!」(すれ違ってから2回ほど振り向き、しばし凝視したあと笑顔で)

等に始まり、とても丁寧に、そして普通に*会話をすすめようと心がける男たちによく遭遇します。

*この『普通に』ってのがポイント高いんですよ。ここは何せハーレムですから、さっきも書いたとおり下心丸出しを半分誇らしげにしてる輩で溢れかえってるわけでして。そんな中、下心を出さないように会話をしようとする男たちは結構貴重な存在です。笑


女を肉の塊として見てるような男なんざ、3分たりとも付き合う価値なんぞありゃせん。

でもって、そんな声の掛け方をする輩に引っかかる女は「やっぱりお前はホーなんだな」と思われるし、その程度の扱いしかしてもらえないわけですよ。


最近のウチ自身の傾向といたしましては、
丁寧に声を掛けてくれる男には笑顔で返事を。

とこのようになっております。

注意: あのね、これはウチの悪い癖なんですが、下心丸出しの失礼な輩に対しても何かしらの反応を示してしまうんですよ。無視したり、かならずしも冷たい視線を投げかける、ってわけじゃなくね。でも最近は don't stop for those だもんで、男選びの目に磨きがかかって来たって感じっすか。爆
[PR]
by HarlemSomu | 2007-02-27 15:27 | 地域ネタ

税金バック~

いや、単に Tax Return を日本語訳に言ってみただけです。笑

今日は皆さんもご承知のとおり、Valentine's Day ですね。イコール、今日はもう2月14日。タックス・リターンをファイルしなきゃいけない締め切り日まであと2ヶ月ちょいってことです。

1月に Form W-2 をもらった時にいつも思うのは


ま~だまだたっぷり(時間に)余裕があるわ~


てこと。

そして2月に入って、これまたいつも思うのは


さぁて、そろそろタックス・リターンのファイルでも…


てこと。


三年前に初めてタックス・リターンをちゃんとファイルしたときは、確か2月の今頃はもうすでにチェックが届いてたはず。

一昨年は今頃ファイルを済ませていた記憶が。

でも去年はと言えば、4月に入るまで放って置いたような、ないような…(苦笑)


今年はそろそろやりますよ、えぇ。

っていうかこのタックス・リターン。

ウチは別にお店を経営してるわけでもないし、フリーランスの仕事をしているわけでもないし。単純に、本当に単純に、IRS から届く W-2 を会計士に持っていく or インターネットでファイルするだけで済む話なのに、なんでかわからんが面倒臭い。


まず、と言うかこれが最大の原因だと思うんだけれども、とにかく会計士選びが面倒。

出来るだけ手数料をとられないように…なーんて魂胆がそもそもあるからいけない。(爆) 

窓の外から、パイプ椅子に座って退屈そうに待ってる人たちを見ると、長い時間待って consult&estimate してもらって、手数料が高いから「じゃあバイバイ」って言う気にはならんのです。どうせ同じように長いこと待たされるなら、会計事務所を出るときにはウフフンッ♪な気分でいたいじゃないですか。ね?

H&R Block とかの大手のチェーン(?)事務所って、やっぱりそれなりの手数料を取るでしょ?あ、でも手数料が問題なんじゃないのよね。手元に戻ってくる金額との割合が問題なのよ。

外から見て『こんな構えで本当に会計事務所かょ?』とかなり不安になりそうなくらいのところでファイルすると、大手のところと同じような手数料で、手元に帰ってくる額が倍。

どんな小細工をしてるのか、タックス・ファイリングど素人のウチにはさっぱり分からんのですが、「とりあえず何かしら illegal なことをしているでしょうね」ってことくらいは分かりますがな。

通ってもいない学校(趣味とかの、ね)に払っている授業料だとか、買ってもいない仕事上どうしても必要な衣服(つまりはユニフォームですか)とか、やってもいない微々たるチャリティーとか、

レシート等を見せなくても大丈夫な範囲の金額内でこちょこちょこちょこちょ小細工をしてるんですよ。爆


ウチはそんな感じで去年は一昨年の1.5倍ほどのタックス・リターンをもらったので、ここでこんなことを言うのもあれなんですが…

タックスはちゃんとファイルしましょう。



あのねぇ、いくら収入が少ない一般ピーポーだから絶対にバレないって言われても、良心が痛むでしょう?ウチは痛むんですよ(って今さらそんなことを言っても信憑性に欠けるんだけど(爆))。しかも、“絶対にバレない”って保証は一体誰がどうやってしてるのさ、って話もあるわけでして。



っとまぁ、文章がブチ切れちゃってる感が否めないですが(笑)、こんな感じのタックス・リターン。

駅からアパートまでの間に数件ほど中規模(?)なチェーンの会計事務所があるので、今年はそこいらで手を打っておこうかなっと考えてる最中です。


どれくらい手元に戻ってくるか分からないけど、とりあえず今の予定では全額日本一時帰国の資金に充てようかな、な~んて夢みておりまする♪ うふふ (^m^)
[PR]
by HarlemSomu | 2007-02-14 12:31 | 常日頃の話
渡米生活も10年目を迎えますと、病院やERに厄介になることも多いんですよ。
てかね、ウチは病院に行くのがどうも好きらしい。(爆)

どうってことないと自覚していながらも、やれERに行くだの病院に行くだの、
結構積極的なんですよね、何故か。もう何回お世話になったことやら。

日本にいた約20年間に、付き添いも含めて一度も乗ったことがなかった救急車も、アメリカに来てから-というかこのNYCに引っ越して来てからだなぁ-すでに3回も乗っておりまする。その内の1回は付き添いだったんですが。

てなわけで、ER選びにも年季が入ってるわけです☆


つい先日、放って置いた虫刺され(のようなもの)が悪化して痛みのせいで寝るに寝られなかった夜も、いつもの通り『じゃあERに行くかね』と言うことで一人で行って参りました。

夜中3時過ぎ、眠たい目をこすりながら、歩く振動にすらご丁寧に敏感に反応してくれる虫刺され(のようなもの)にイライラしながらも、伊達にERにお世話になっていないこのウチが選んだ今回のERは…

Roosevelt Hospital。

コンティニュアム・ヘルス・パートナーズっていう非営利団体が運営する病院の一つ。

ハーレムは W.129th に住んでいるこのウチが痛みに耐えて行ったこの病院の住所はですねぇ… 何を隠そう、1000 10th Avenue (between 58th and 59th streets)。

キャブる(イエローキャブとかジプシーキャブを掴まえるってことです)ことさえ出来りゃどぅってことのない距離です。平日の夜中の3時過ぎってのもあったしね。

でも(いつもの如く)懐が怪しかったこのあたくしはですね、通勤でいつも使っているメトロカードを使って地下鉄でERに向かったんですわ。

地下鉄でERっちゅーのもウケるっしょ?“緊急(emergency)”のキもヘッタクレもあったもんじゃねえっちゅー。(爆)

でもね、いいんですよ。一刻を争うような緊急だろうが、真夜中に急な歯痛に襲われちゃってる緊急だろうが、はたまた保険がないからとりあえずっていう緊急だろうが(爆)、24時間必ず開いててくれる場所がERなんですから。あは。


さてじゃあな~んで地下鉄に乗ってまで Roosevelt Hospital に行ったのか。

それはズバリ、ここいらのERに行ったんじゃ
助かる命も助からんって言うくらいの
長く長~~~い待ち時間

プラス

『適当にも程があるじゃろ( ゚Д゚#)ゴルァ !』
と突っ込みたくなるほどの対応

が目に見えていたからでーす。


それでは、ここいらにある病院をご紹介。併せて簡単かつ極めて個人的な感想もどうぞ。

1.Harlem Hospital Center。Lenox & W135th St.
-ここは病院なんてのは名ばかりのところですよ、マジで。数年前までは院内にマクドナルドがあったくらい、健康管理とは程遠い病院です。
あ、でも一つだけ突出して良いところが。撃たれちゃったなら Harlem Hospital へ。どんなに酷くても即死でない限りは助かるだろうって巷でマジで言われてますんで、みなさんももし撃たれたら「Harlem Hospital に行ってくれ!」と一言言いましょう♪

2.Metropolitan Hospital Center。E99th St. b/w 1st and 2nd Avenues.
-ここの病院もまず避けましょう。だってさ、ここの病院内の第一言語がスペイン語ですからね、そもそも。もちろん英語も通じるし、生粋(?)のアメリカ人も働いてるけれども、場所が場所なだけにヒスパニックが多いっていう。
だからと言って対応が悪いとか処置が酷いとかってわけじゃないだろうけど… ここをお薦めする人は少ないでしょうね。

3.The Mount Sinai Hospital
-ここはね~、きっといい病院なんだろうとは思うんだけれども、いかんせんどこが入り口なのかが分からんのですよ。
まずね、住所がX。【One Gustave L. Levy Place】なんて言われたって、ホントにマンハッタン内にあるのか?って思うでしょ。一応【1190 5th Avenue】っていう住所もあるんだけどさ。
お次。住所では5アベって言ってるのに、病院のウェブサイトで行き方をチェックしたら、やっぱりと言うかなんと言うか、「入り口はマジソン・アベニューにあります」ときた。これじゃあウチのお得意の“なんちゃって緊急”な用事じゃあ行く気にならんですわ。(笑)

4.North General Hospital。Madison Ave @ W122nd St.
-この病院はウチがかつて入院しておった病院ですがな。“入院”って言ってもほんの4日間だけなんですけどね。(苦笑)でももうちょっと長居するべきだったなぁとしばらく真剣に後悔したもんです。
ここは別に悪くはないと思ってます、入院した経験からすると。でもERでの対応はあんまり良くなかったかなー、やっぱり。
てかね、ここを薦めない理由こそ個人的な理由はないです。ただ単にウチが入ってる保険が利かなかったってだけ。(爆) 近所にある好(よ)さげな病院だから…なんて思っても、自分が使ってる健康保険を受け付けてるかどうかを調べなきゃいけないってことっすな。

5.St. Luke's Hospital。Amsterdam Ave. & W114th St.
-この病院はウチのお薦めの病院、Roosevelt Hospital と同じグループに属してる病院なんですが、なぜウチはここが嫌いかと言いますと。うまく説明できるかなー…
あのね、人間やっぱり考えることはみんな似たようなもんなんだってことを実感するんですよ、ここにくると。ハーレムやワシントンハイツの住民も、「近所の病院には世話になりたかねぇ」って考えてる人が多いんですよ、実際。でね、そういう人たちが better services & better care を求めて挙(こぞ)ってくる病院がここなんです。
病院側もそれを知ってか知らずか、対応や処置をする際に「ひとをみる」んですよ。それがかなり顕著なんですね~… 今まで数回ほどご厄介になりましたが、診てもらう身としてはいつでも平等で公平な態度を求めるじゃないですか、ね?


最後にちょこっと。
ここは多分申し分ないと思うんですが、まだ世話になってないってことで、とりあえず紹介ってことで。New York Prebysterian Hospital

泣く子も黙るコロンビア大学ア~ンドコーネル大学の大学病院(なのか?)。見た目も好さげだし、いろんなところからの太鼓判もついてるし、おそらく問題はないでしょうね。

でも一つだけ気になるのが場所。1回だけ近所に行ったことがあるんです、アパート探しをしてた時に。その時に地下鉄の駅を使ったんですが、な~んかこう、う~ん…っていう。(笑)
でも最近、ウチがそんときに使った階段(一番北側)がよくなかったのかな、なんて思ったりしたりなんかして。

ってことで、今度またERに厄介になりそうな時はここ、Prebysterian に挑戦してみますです。



長くなってしまいましたが、以上!
[PR]
by HarlemSomu | 2007-02-13 12:02 | 地域ネタ

ババァめっ!!

てかね、もうマジで腹立つのよ、このばばぁ。
今はもう5時過ぎ&今日は残業する気なしだから書かないけど、
今ウチの腹は相当な勢いで煮え繰り返っておりますよ、えぇ。

てかね、ここのオフィスはじじ、ばばが多すぎ。他人任せが多すぎ。



ウチは保育園の先生じゃね~んだぜぃ!!!爆爆
[PR]
by HarlemSomu | 2007-02-12 17:03 | 仕事カンケイ
ネット復活だなんて言っておいたくせに、既に1日空けてしまった。笑


昨日(2月7日、水曜日)は半日仕事を休んだので、ネットをする時間が十分にとれず。しかも半日休んだくせに5時にしっかり退社。爆

てかね、半日でも十分に時間はあったんですよ、ブログの一つや二つをアップするのに。ただ昨日は相当な light headed に見舞われておりましてね。かなり行動が鈍かったんです。近所の cubicle に座ってるおばちゃん達から揃って「そんなんだったら丸一日休めばよかったのに」と言われ続けた次第だす。



フラフラだった原因はいくつかあるんですが、大きな原因は薬を飲み忘れていたってことですな。

飲み忘れたっちゅーか、飲まなかったっちゅーか、飲みたくなかったっちゅーか…

色々と小さなことが重なり、月曜日に残り一粒となってしまった処方箋を、何を血迷ったか『もったいない』と思って

飲まずにとっておいた


ことがそもそもの原因です。あはは。(*´u`*)



てかさー、わかってたのよ、そろそろ refill をしてもらわなきゃってこたぁ。
ただね、↑にも書いたように、色々と小さな理由が重なりまして、思うように refill のオーダーを入れられなかったんです。


しかし何ですな。飲んだ方がいい薬を飲まずにとっておいたっちゅーのが笑えますね、こうやって今思い返すと。(爆)


昨日は医者のスケジュールに運良く empty slot があったので、仕事帰りに医者に会い、無事に処方箋をtゲットいたしました&早速ま新しいボトル(あ、薬です)を手に入れましたわ☆

しかし、やっぱりと言うかなんと言うか、未だにダメっすなぁ。いまいち本調子じゃないです、今日も。ホントは出勤なんてするき全くなかったけど、ここにこなきゃこうしてネットも満足に出来ないし…(笑)





あ、なんだか相当どうでも良い&まとまりのない内容になっちゃった… 
かたじけない!

でもまぁとりあえず、一つアップしたってことで由としましょうや。ね!
[PR]
by HarlemSomu | 2007-02-08 11:44 | 鬱なおはなし。

復活じゃ~!!!



ネット生活、ふっかつ





いや~、マジですっかりインターネットと縁のない生活をしておりましたです。
テレビっ子はインターネットにも目がないと判明したこの1ヶ月弱。
珍しく毎日マジで仕事に忙しくしておりましたです。(苦笑)

もーねー、オフィスの引越しなんてするもんじゃないっす、大マジで!!!

てかね、オフィスのリノベーションってのは“なんとなく思いたった”からって理由でやってはなりませぬ!!!爆

ここの社長、お茶目なのはいいんだけど、天然っぷりが目に余るときが多いのですよ since my boss 中松 is gone ね。

11月から赴任になってるウチの新米上司-いやいや、上席次長とかいう名前で日本の本社の一つで働いてたんだから、新米だなんて言っちゃいけないのですが(爆)-はやっぱり使えないし。爆爆

そうなると、悲しいかなおかん根性たっぷりな、たった一人の総務なウチが動かなくて誰が動く?!ってなるわけですよ、えぇ。



今日はお昼前からインターネットにいそしんでおりましたが、5時過ぎにやっとお得意先(失敬、笑)のブログを読み終え、こうして自分のブログをアップしているのでありますよ。



ブランクが空きすぎで何を書こうか全くまとまっておりませぬ。



ので、

明日は明日の風が吹くっちゅーことで、またいつも通りの取り留めのない話題をつらつらとしたためていきますわん♪

っちゅーことで、とりあえず今日はこの辺で!!
[PR]
by HarlemSomu | 2007-02-06 17:26 | 仕事カンケイ