ハーレムに潜んでいた総務が中華街に引越したら、経理になっちゃった。


by HarlemSomu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

全従業員28人のうち、この階にいるメンバー22人。そのうち4人が風邪(鼻と喉)。そんな中、ウチも今朝のどの調子がおかしかった… きゃ~!!!



そんなことは置いといて。

今年も残すところあと2日半をきりました!
カウントダウンを開始するにはまだちょびっと早すぎますが、とりあえず来年がすぐそこまで来ておりますよ~!

今年はどんな1年だったかなぁ…と振り返ってはみるものの、あまり大きなニュースはなかったです。良い意味でも悪い意味でも。

あ、でも引越しして自分だけの部屋(早く自分だけの“アパート”って言えるようになりたーい)をゲットし、ロイスと正式(?爆)に別れ、体の相性バッチリの相手に出会い(→10月に入ってからは片手で数えられるほどしか会ってない。てか、もう冷めちゃってます(爆))。


アパートは、引越しに2ヶ月ほど要し実際に住み始めたのは8月頭。最初こそ嫌だったものの、最近はすっかりお気に召しております(笑)。でも隣部屋に住むフランス人のおばさん(おばあさん?)がたまにモンの凄~~~く annoying で参ることが無きにしも非ず(苦笑)。



ロイスと別れ
て直ぐはかなり険悪なムードが漂っていたものの、11月も半ばになると普通のお友達としてお互いかなりフランクに付き合えるように。ふむ、良いことじゃ。でも手放しに喜べないのがミソ(←うおぉ~!自分で書いておいてめっちゃ懐かしい思いに浸ってしまった(笑))。

クリスマスプレゼントを買いに出かけようとしていた27日(つまりおとといじゃ)。
えっ?クリスマスは25日に終わってるじゃないかって??まぁまぁ。懐が厳しい状態にある総務としては、クリスマス後の特大セールが丁度よろしいのですよ。あはは。

そう、その水曜日。久々にやってしまいましたよ、公共の場での怒鳴りあいを(爆)。
結局何にも買わず仕舞。原因こそウチにあれ、ヤツが確信犯。後でかなり反省したようですが、未だに冷戦状態を維持しているウチでございまする。


そしてボブ。アッ゛メドが本当の名前の、パレスチナ地区生まれ、ヨルダン経由エルサレム育ちの在米歴20年弱の自称ヨルダン人。コイツと出会って自分の熱し易く冷め易い性質を再認識しました(苦笑)。

出会ったのが8月。しばらく猛烈にこやつにハマり、その後冷め始め(“覚め”始めでも意味は合ってるわ!我ながら上手い!!)たのはなんと10月も半ばを過ぎた頃(爆爆)。以降、今日までで彼に会った回数は片手で数えられるほど。あはははは。

我ながら見事な熱っしっぷりアンド冷めっぷりじゃ。\(≧▽≦)/



おっと!ここで一つ忘れちゃならんことを思い出した!!

そうです、新入社員のさっちゃん

彼女とかなり意気投合いたしまして、彼女の入社以来ほぼ毎日のように二人で寄り道くってます☆

お茶だけの時もあれば夕飯を食べる時もあり、夕飯だけのときもあれば、そのあとお茶 or 買い物(ウィンドーショッピングってやつも含)もしたり。

それはそれは毎日、もといほぼ毎日の仕事帰りが楽しく充実しております。

さっちゃんに感謝。


おぉ!!!


更にもう一つ思い出してしまった!

さっちゃんを採用したウチの元上司、B松こと中松氏(笑)。
彼の存在のありがたさを痛感した年でもありましたね、今年は。

あれだけ散々文句を言っていたのにも関わらず、いざ彼が日本に帰任し新しい上司と接するようになると、あのB松がやたらと恋しく思えたものです。←これマジで(爆)。

上司との相性って仕事場ではいたく重要なんだなぁってことを再確認しました。

今の上司はですね、まぁかなり苛々する要素満載ではあるものの、前の職場でのクソ上司と比べるとまだまだマシな方です。いんや、前のクソ上司と比べちゃなんねってくらいマトモです。

新上司との相性も、最初の4~5週間(って1ヶ月て言えばえぇんちゃうん?爆)こそ最悪に近かったものの、ここ数日は可もなく不可もなくといった感じで落ち着いております。



う~ん、こうやってみるとウチも結構しっかり1年を生き抜いたんだなぁと実感しますな、あは。
そして来年はもう少しこう、抑揚のある日々を送れるようにしたいなぁと存じますだ。



年明けの1月2日(火曜日)までインターネットが出来ないので(爆!早くPC買えよ!!)、この場を借りて





A


Happy


New Year


☆♪★♯%♭



イエーイ v(^ o ^)v ピースピース
[PR]
by HarlemSomu | 2006-12-29 16:55 | 常日頃の話

ご無沙汰で~す。

いやいや、すっかりご無沙汰しておりましたです。

ここのところちょこちょこっと忙しくってですね、ロクにインターネットも出来ない日々でした。

それもこれもすべては新上司のせい… ってわけじゃないんですけど。(爆)
とりあえず年の瀬が迫ってるってんで、総務は少々忙しかったわけです。

日常は至って普通です。クリスマスの連休もいつも通りの連休でしたし。(笑)

例年よりも暖かいせいで年末って感が全くありませんよねー。クリスマスは本当に盛り上がったんだろうか?


まぁとりあえず。

ブログを忘れたってわけじゃないで~すってことで!
[PR]
by HarlemSomu | 2006-12-27 17:16 | 常日頃の話

これだからあいつ等は…

11月の頭に東京から新しい人が来たって言ったじゃないっすか。っていつ言ったか覚えてないんですが(笑)。でもその話題に触れたってことはうっすら覚えてる(薄っすらかよ、おいっ!)…

もうじき3ヶ月が経つわけなんですけれども、この新しい駐在員、



マジでめっちゃウザイ!!



あのね~、何なんでしょう、彼のあのウザさ加減は。とにかくもう本当に鬱陶しいんですよ、何もかもが。

日本のグループ本社、違う経営体系のグループ内にある別の本社に勤務してて、今回こっち(アメリカ合衆国)に来る前にもイギリス、香港、そして再びイギリス、と合計で4年以上の駐在経験のある、けっこう流暢な英語を話す49歳(乙女座)、妻子持ち。

別に悪い人じゃないですよ、全然。ただね、ウザイの。


彼にはどうも“郷にいれば郷に従え”って言葉はどうも通用しないらしいんですね、これが。まぁ無理もないっすよ、確かに。いくらアメリカにある会社とはいえ、基本的には日本を拠点とするグループ会社のハシクレですからね、一応。そりゃ本社に勤めてる人たちと同等の言葉遣いや態度をウチに求めるのも仕方ないでしょうよ、えぇ。

でもね、ここ数日でこそ耳にしないんだけれども、彼の口癖は「ロンドンは…」、「でもロンドンの時は…」、「どうしてロンドンとは違うことを…」 

ってね、とりあえず何かにつけてロンドンでの駐在経験と比べるんじゃよ、あやつは。

解らないでもないですよ。彼にとっては日本国外での勤務は全て『海外赴任』ですから。そりゃ過去の経験を生かして今回の赴任先での新生活をスムーズに始めたいでしょう。

でもね、ここはアメリカニュージャージーで、どう転んでもロンドンとおんなじなんかじゃねーぞっ!!!


仕事場の女の子たち(う~ん、本来は“女性たち”と言うべき年齢なんだが)にも常々ブツブツと長々文句を言っております。

彼女たちにはそれほどウザく感じられないらしい彼のウザさ加減。ウチが前のボス、A.K.A. B松、と比べてるからってのも理由の一つなんですね、確かに。

そしていつも言われるのが、“唯一の部下であるウチが、新しいボスのやり方に慣れればそれで済む問題”だってこと。

そりゃね、ここは所詮30人にも満たない社員(その内日本からの駐在は社長も含めて6人)を抱える、どちらかと言えば小さなオフィス。

そのオフィスでただ一人の総務が、これまたただ一人の上司と上手くやれないわけがないっちゅうことなんです、彼女たちのアドバイスの大体の理念は。



ホントはここにダラダラ~っと具体例を挙げたいんですが、あまりにも多すぎる&それら全てが些細なことなので、止めておきます(笑)。



何だかんだと色々不満は大有り(爆)ではありますが、とりあえず、どぉぉぉぉぉにか、彼に合わせられるようになりましたです。

でも、でもでもっ!やっぱり彼がウザイことに何の変哲もないのでありまするよ…(涙)。



はぁ~~~~~~~~~っ。
[PR]
by HarlemSomu | 2006-12-20 12:58 | 仕事カンケイ
9月下旬とか10月は寒い日が続いて、あぁもう夏も終わりなんだよねー…なんて感傷的になったのに。

11月に入ってからは暖かい日が続いて、サンクスが近いっちゅーのにねぇ、なぁんて思ってみたり。

サンクス直前&直後は「いかにも!冬到来ですぇ!!」って寒さだったのに、12月に入る前くらいからまた暖かい日が続いております。

地球の温暖化が問題になり始めて久しいですが、今年のこの暖かさもやっぱりそれなんでしょうかねー。

平年よりも15度(華氏)以上も暖かい地域が殆どらしいっすよ、アメリカ全土でみても。NYCだけに限った問題じゃないってのが、さらに怖いですよね?

積雪量が平年の半分以下のところがかなり多いみたいで、スキーやスノボで町興し(?)してる地域には大打撃ですし。

夏は干ばつ&山火事の件数が例年よりも遥かに上回ったらしいし。

フィリピン近海の台風の多さ、カトリーナ、インドネシア沖の大地震、ヨーロッパ各地での洪水…

こりゃホントに母なる地球からの警告なんじゃないでしょうか。ね?
[PR]
by HarlemSomu | 2006-12-13 12:54 | 常日頃の話

Freaking AMEX!!

も~!!!マジでむかつく!!!

アメリカン・エクスプレスは毎回毎回本当に見事にウチをキレされてくれる。

今回もそうじゃ!!!

Corporate Account なんだから、プライマリーカードホルダーもクソもあったもんじゃねっちゅーのにさ。会社のタックスID番号(個人のSS#と同じ扱い)と会社の現住所&電話番号の確認が出来れば普通は大丈夫だってのによっ!!!!!

もー、マジでムカツク~~~!!!


これだもん、社長も


もう AMEX は使わない!


って断言するわけよね。

アメックスめ、ざま~みろっちゅーんだ。ふんっ!

もう新しいコーポレートカード、しかも天下無敵の VISA カードで申請しちゃったんだもんねーだ。
[PR]
by HarlemSomu | 2006-12-12 17:21 | 仕事カンケイ

Hanukkah と青

来週の金曜日からユダヤ教の祝日、ハヌカ(他にもハナカとかハヌカー、ハナカーとか聞きますね)が始まりますな。

9日間、たった2滴のオイルでランプだかが灯りつづけたって。だから9本のろうそくをあしらった、フォークのお化けみたいなランプが飾られるんですよね、たしか。

うちの会社に一人ユダヤ教徒がいるんですが、彼はとってもシニカルで
『きっと condense だったんだろ。そうじゃなきゃ、9日間も火が燃えつづけるなんて無理な話だから。昔の人間は condensed か普通のオイルか、区別なんて出来なかったんだろうな』
って、去年の今ごろ、Hanukkah についてちょびっと教えてくれました。

彼は Passover の由来についてもサラリと教えてくれました。結構いい人です、彼は。見た目はかなりズボラだし、仕事はしないしで社内ではかなり不人気なんですが(笑)。

まぁそれはさておき。


去年彼がハヌカについてちょいと説明をしてくれて以来、サンクス後に Hallmark とかその他のお店でカードを見かける度に、ハヌカをお祝いするカードも目に付くようになったんです。

ちゃんと「ハヌカのカード」のコーナーもあるくらい、ユダヤ教のお休みはそれほどマイナーじゃないんだな、とも思い直したし。

 
そう、それでそのハヌカ。

青なんですよ、全部。
青と白。

なんで?

きっとウィキペディアで調べりゃすぐに答えが見つかるんだろうけど(笑)、活字離れが進んでいるこのウチにはちと辛いんですな、ウィキペディアって。だってあれって情報量が半端じゃないっすよ、ねぇ?

ですので。

今年も彼にジューイッシュ101(彼がそう言ってた(笑))を軽くお願いしようかな、なんて思います。

機嫌が良ければ色々と教えてくれるけど、ご機嫌斜めだと「触らぬ神に…」ってかんじなので(笑)。





P.S. そうそう、この「さわらぬ神に祟りなし」の“さわらぬ”って、“触らぬ”ですか?“障らぬ”ですか?意味的にはどっちも間違いじゃないような気がするんだけど… 国語力が落ちてる証拠ですね。お恥ずかしい(苦笑) (´ー`;A
[PR]
by HarlemSomu | 2006-12-08 16:30 | 常日頃の話

気にならなくなったこと

いつもコメントしてくださる脳天気さんのエントリー『オーストラリアで気にならなくなったこと』にトラバしま~す。

アメリカに来て9年目なのと、アメリカで気にならなくなったことってのを考えると結構長くなりそうなので、ハーレムに来て気にならなくなったことってことで。

・待ち合わせの時間を守らない---待たされるのは嫌ですが、待たせるのは全く気にならないこの頃です(苦笑)
・地下鉄の駅が汚い
・嘘っぱちの“ベーグル”(毎朝、コーヒーやらドーナッツやらを売ってるワゴンでお買い求め)
・ストリートがゴミやくずで溢れ返る&それらが風に舞う
・道端で輩に声を掛けられる---下品なことを言われたり、丁寧に話し掛けられたり、バージョンは豊富です(笑)
・道端でクラックヘッドなどの薬中に25¢(笑)をせがまれる---いつも無視してます
・食べ物を売ってるお店で小銭をせがむ輩に『小銭はあげないけど、空腹なら何か買ってやる』と言う
・人が住んでなさそうなブラウンストーンの廃屋があちこちにある
・アパート内でねずみを見る
・ものかげとかバス停、公衆電話など、ちょっとしたスポットが臭い---えぇ、pee する奴が多いんです
・夜遅くなるとよく見かける、歩きながら小便をする奴---歩きションかな?爆


これくらいかなー、直ぐに思い出せる「ハーレムで」気にならなくなったことと言えば。
マンハッタンに来て3年が経ったんですが、「マンハッタンで」気にならなくなったことも幾つかありますので、ちょびっと紹介。

・電車の中でパフォーマンスする人
・電車の中でお菓子を売る子供
・電車の中で DVD・CD を売る中国人
・電車の中で電池(+その他諸々)を売るメキシカン
・42丁目とか34丁目にうじゃうじゃいる世界各国からの観光客
・男とも女とも分からん人を見かける
・interracial のカップルとか友達グループを見る
・英語が全く出来ないのに普通に暮らしてる人たち
・片言の英語でも平気で『Do you understand??』とかなり偉そうに半ギレになる人たち
・不法滞在者の多さ
・不法労働をすること、してる人の多さ、してた人に会う


マンハッタンに住んでて気にならなくなったことって言っても、それほど多くはないですね、こうやって考えてみると。アメリカに来てしばらく経ってるからかなー。
田舎と大都会のギャップですか、あえて『気になったこと』って言ったら。

あ、そうだ。こっちに来て9年目ももうじき終わりになるので、逆カルチャーショックとして『たまに日本に行って気になること』も挙げてみましょう♪

・トイレのドアが床までしっかりある---しかも、殆どの場合は天井までしっかりあるんですよ!
・公の場で、バッグなどをイスやカウチに置いたまま平気でどこかに行く
・レストランでチップを払わない!
・みんな小食!!---レストランとかに行くと痛切に感じますね、これは
・電車とかバスに貼ってある広告がやたらと多い
・電車/バスにある広告や情報番組など、殆どが“流行”ファッションかダイエットの話題
・道で他人にぶつかっても無言
・建物やお店の入り口で、すぐ後ろに人がいるのにドアを開けておかない


他にもまだちょこちょこっとありますが、説明が難しいというか。
逆カルチャーショックというか単に自分の思い違い(記憶違い)みたいなことも沢山ありまする。



良い意味でも悪い意味でも、環境に順応する、適応するんですね、人間って♪
[PR]
by HarlemSomu | 2006-12-05 15:24 | 常日頃の話