ハーレムに潜んでいた総務が中華街に引越したら、経理になっちゃった。


by HarlemSomu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

今風なハロウィ~ン☆

今年もとうとうハロウィンになってしまいました。

こうなると一気に年の瀬になっちゃうんですよね、アメリカって。
明日からは色んな店舗でサンクスギヴィングの飾り付けが始まるんですよ。
ほぼ1ヶ月のサンクスにちなんだ飾り付け、話題、番組、etc. で盛り上がったあとは
一気にホリデーシーズン。

この辺では『ホリデーシーズン』って言い方がかなり普通になって来てるけど、ちょっと地方に足を伸ばすと『クリスマス』の一点張り。

ニューヨーク市内&ニューヨーク市近郊には移民が沢山いるし、
それに倣(なら)って宗教や信仰やら、それぞれ違いが出てくるし。
しかも、ここいらには Politically Correct にこだわる連中がいるから
サンクスが終わった後の「クリスマスプレゼント買いだめシーズン」には
一応『ホリデーシーズン』っていう別称がついてるんですわ。

この Politically Correct に関しては一つどころじゃなくっていつくもエントリーを書けると思うんですが、とりあえず今日はハロウィ~ンってことなので、ここで触れるのは止めるのねん♪



ハロウィ~ンと言えば、なんと言っても仮装&『Trick or Treat!!』でしょう。

大人はお菓子集めこそしないものの、仮装してパーティーに参加するのがメジャーなようですねぇ。ウチはアメリカに来て早8年が経ちますが、未だに仮装パーティーってやつにゃ参加したことがござぁんせん。

楽しそうだし、一回くらい仮装をしてみたいなぁなんて思うんですけど、どうもねー。ウチの場合、酔っ払って勢いをつけないと無理があるかもしれないっす(笑)。


これはバッファローにいた頃に思ったことなんですが、
trick or treat も随分現代風になったもんですね。

日本にいた頃に映画でみていたような、ハロウィン当日の夜に
子供たちだけで近所のお家を巡ってお菓子を集めるってことは
最近じゃあ稀らしいっすよ。

まず、子供たちだけで夜に外を出歩かないってのが常識の昨今、
大人(もしくは高校生とかある程度年齢のいっている子供)が一人とか二人、
チビッコの群れに紛れてるんです。もちろん監視役として。

次に、より合理的にお菓子を集めるため(?)なのか親たちの都合なのか、
ハロウィン前後の週末にお菓子集めをするんですね。それも土曜日の夜。
ハロウィンが月曜日に当る年は、きっと日曜日に trick or treat をするのも
アリなんでしょうけど、今年みたいに火曜日がハロウィンって時は
圧倒的に土曜日の夜の trick or treat が盛んなんですよ。

そして、お菓子を渡す方もかなり現代化してるんですねぇ。
殆どの人が、手作りのお菓子でなく市販のお菓子を渡すんです。

そんなぁ、随分味気ないじゃ~ん。

いんや、違うんですよっ。

『市販のお菓子の方が安全なんです!

というのも、手作りのお菓子をもらって食べた子供たちが食中りをおこしたり
病気になったり。結構問題になったらしいんですね、一時期 (in Buffalo area の話)。

だから、後で変な言いがかりをつけられないための防衛策とでも言うんでしょうか。

その他の理由は、まぁ結構みえみえなんですが;

他人の子供に渡すお菓子に手間隙かけてる余裕がない
and/or 基本的に料理をしない
and/or 手作りのお菓子よりも市販のお菓子の方が子供たちにもとっつき易い

といったところでしょうか。


(大)都会から少し離れた地域なら、今でもきっと映画に出てくるような trick or treat が見られるんでしょうねー。


理由は色々あれども、やっぱりちょっと味気ないですなぁ…



P.S. そうそう、去年のハロウィーンのときに書いたやつ、これは今朝会社に来てから気付いたんですが、どうやらハロウィンの生卵投げってやつぁここら辺りでは一般的らしい(?!)です。だってね、会社一騒がしい(って言うか、子供心を忘れていないお茶目な)おっちゃんが、

「よぉ、生卵投げ、最近(のハロウィンで)やってるか?」だの「昔はよくやったよなー」だの、「生卵投げつけられたことあるか?」だの、とにかく散々一人で(爆)しゃべっておりましたの!
[PR]
by HarlemSomu | 2006-10-31 16:57 | 常日頃の話

“冬時間”ですよ~

Daylight Saving Time のことを夏時間って呼ぶ人もいるのに、標準時間のことを冬時間と呼ぶ人はいないのよね。

って、当たり前って言われればそれまでだが(爆)。

昨日は10月最後の日曜日だったので、標準時間に戻りました。
正確には 2 A.M. に時計の針を一時間戻すんですが、本当に夜中の2時にそんなことをする人は少ないんじゃないかなぁ。

ウチは今回は、朝起きてから時計を直しました。

そして今朝。

なんと目覚めの良いこと!!

9月も下旬に入ると sunrise が結構遅いんですよね。
朝起きる時に外が暗いと目覚めもスッキリしないじゃないですか。

先週一週間(あ、二週間くらいかな?)はマジで毎日遅刻。

厳密に言えば遅刻じゃないんだけれども、
『朝8時半には職場にいてね☆その分の早業手当てもちゃんと払うから♪』といわれている立場としては、8時45分前後に会社に着く=遅刻なのかなぁ…?ってね。


今朝は目覚めが良かったにも関わらず、いんや、目覚めが良かったからこそ、
余裕をぶっこいてノロノロと仕度をしていたら、まんまと遅刻(爆)。

職場に着いて、時計の針を1時間戻して。

みんなが揃い始めたのは9時も10分以上を過ぎた頃。

まぁそんなもんですわ。冬だしね。


ってなわけでとりあえず、標準時間に戻りましたよー!ってことでした。


お粗末♪
[PR]
by HarlemSomu | 2006-10-30 12:28 | 常日頃の話

アップデイトなり。

オレ様ことロイスと本格的に別れる切っ掛けとなった人物。
その名もボブ。

本当の名前はAhmad(あっ゛まど)。
『Ah』の“h”は、喉の奥から…そうだな、調度痰を吐く時に
「あ゛ぁぁぁ~~~、っぺ」ってやる感じ(爆)。

ボブはパレスチナ生まれで、生後間もなく家族揃ってヨルダンに移り、
高校卒業を間近に控えるまではずっとイスラエルのエルサレムで
育った、ヨルダン人。

17歳だか18歳で単身アメリカに渡ってきたらしい、
10月27日に38歳になる、“独身”の男。

細かく話せば長くなるので、いきなりはしょります。

先週の週末のこと。

これも話せば長くなるので、かなり大幅にはしょります。

『検証!ボブは既婚者?!』から始まり、ロイス(A.K.A. オレ様)と縁を切り、
その後普通にお友達として付き合ってきたロイスに『本当のところ…』をついポロリと口に出したことを切っ掛けにロイスに罵られること2週間ちょい。その間ほぼ毎日人間否定をされましたです。魔の2週間ちょいを経て、お友達として普通に且つ腹を割った仲になりつつあった先週末、ボブからいつもの電話。

久しぶり(2日ぶりとかなんだけどね(爆))のボブからの電話。
ウチから彼に電話を掛けなくなって、もう3週間とか経ってた先週末。
ボブは、ウチが電話をしなくなったなんてことは一向に気にする様子もなく、
本当にいつも通りに電話をくれた。

が、一つだけ違った。

それは、ロイスがボブからの電話に感づいたってこと。

ウチは無視をしようとしたんだけれども、その態度がいけなかった…

ほら、大抵の人がそうなるように、やましいことを隠そうとして
やたらと挙動不審になるじゃないっすか。それです。

そこからはまた嵐。
嵐と言っても、ウチの頭の中の話であって、ロイスはいたって冷静
と言うよりもかなり冷酷だったね、あの時は。

『これは友達として、友達だからこそ言うんだけれど。
 自分にとって良くないことだと分かりきってること
 (つまり、ウチにとって既婚者かもしれないと疑われる男と
 付き合いを続けること)、そしてそれを断つべきだって分かって
 るのにも関わらず、ズルズルとそのままにしておく人間が
 オレの周りにいるのは、オレには我慢できない。
 そんなことを続けるんだったら、お前はオレの友達として
 失格だ。Moreover,お前はオレにヤツとの関係は切ったって
 言った。でもそれは嘘だったわけで。友達に嘘をつくやつ人間は、
 オレの友達でいる資格なんてない。自分にとって最良と思われる選択
 を自らの判断で出来ないような人間なんて、オレはもうウンザリ。
 オレがこれだけ helping you help yourself してるのに、
 こうやって未だにヤツと連絡を取り合ってるなんて、
 オレにはもうお手上げだよ。You're on your own.
 I can't help you any more even as a friend』

かーなーり淡々としておりましたよ、ロイスは。

そしてそれを機に、ウチはボブに心の内を明かしたんですわ、ロイスの目の前で。



ボブには前にも何回か訊いたんです。
本当に独身なのか。子供は本当に一人もいないのか。

一度は『いや~、実は奥さんは三人いてねー。子供も、僕の知らないどこかですくすくと育ってるかもしれない』と冗談とも本気とも受け取れるコメント。

二度目は半ギレ。『っていうか、何なんだ、その考えは?女の第六感か何かなのか??…(ほんの少しの間無言)… 二人でいる時間が楽しくて、幸せだと思えるんだったら、その瞬間だけを考えればいいじゃないか。過去のこと、先のことなんて考える必要なんてない。今がよければそれでいい。先のことはその時になれば分かるんだから、余計なことは考えるな』とな。

一番最初に聞いた質問は、実はbabyがいるんじゃないのかってこと。その時は電話越しだったんだけど、ヤツは一瞬黙りこくった。で「いきなり何を言ってるんだ?!」と言っただけ。しかも、まるで『おいおい、冗談はよしこさんだぜ』とでもいいたげな口調で。

でも、何だかんだと言いながら、いつの間にかウチはボブが結婚してようが子供がいようが、あんまり気にならなくなっていってた。ボブの言う通り、just let it beで、何でもなるようになるっていう考えのもと、二人で過ごす時間をエンジョイするようになってたわけです。



土曜日に、ロイスがいるところでボブと会話(電話で)をした時は、ウチもかなり動揺してたのであんまり話になりませんでした。で、日曜日にもう一度話しをしようと思ったんだけれども…

ボブが言っていたことはごもっともで、筋も通っていたんだけれども、いかんせん「機関銃トーク」なもんで、ウチの言い分やら思うところってのを聞く気配が全くなし。話し合いだなんて雰囲気じゃあなかったっす。彼の一人舞台。ウチの出る幕なし(苦笑)。

そんな感じで20分ほど、彼のまくしたてるようなトークで、彼の恋愛観や人生論などを聞かされた後、ウチは電話を切らねばならず、後で掛けなおすと伝えて、とりあえず会話(?)は終了。

その後一回彼から電話が入ったんだけれども、全く気付かず。
彼からの電話(missed call)の1時間後くらいに電話をするも、彼は答えず。
↑彼も彼で用事があったので、恐らく答えないだろうなぁと思いながら、試しにreturned his call。『多分出られないだろうから、メッセージを残してね』という彼の言葉 earlier を無視して、その時はただ hang up。

夜寝る前にもう一度電話。その時はメッセージを残しました。
彼の人生論や恋愛観についてのウチの所存を伝えなきゃなんねぇと思い。



彼の人生論は

『自分の生きたいように生きなきゃダメだ。人の言うことに左右されるなんて、もってのほか。
(要は、ロイスが何と言おうと、ウチ等(me&Bob)が“これでいい”って思えるんなら、それでいい)』と言ったんですね、long story short。

更に

『やりたいと思ったことに挑戦しなきゃ、後悔が残るだけ。失敗したって、そこから何かを学べればいい経験になるだし。やりたくないこと=something in which you don't have your passionを誰かのアドバイスだからって理由で試すのは、たまにはいいかもしれないけれども、そんなことの繰り返しで生きて行くのは後悔しか残らない』とも言っておりました。

そして恋愛観については

『誰かを待つなんて、そんなことは保証があるようでないもの。口先で約束をしようと思えばいくらでも出来る。口約束が本当になる可能性はいくらでもあるけれど、本当にならない可能性だってある。逆に、結婚をしたって、それが永遠だなんていう保証はどこにもない。二人仲睦まじく暮らせるかもしれないし、すぐに離婚するかもしれない。人の気持ちなんて、誰にも、本人ですら何の保証も出来ないものなんだよ』と。

そう言う彼に残したウチの voice message は

結婚してるかもしれないって、ほんの少しでも思わなきゃならない男と“恋愛”は出来ない。ロイスはウチにアンタと別れろって言ったんじゃなくって、[既婚者かもしれないって疑われる男]とは縁を切った方が身のためだって言っただけ。貴方のことを嫌いになったわけじゃないけれど、先を全く望めない人といるよりも、少しでも希望を持てる相手を見つけたほうがいいかもしれない。そう思うだけ。


今日は水曜日。未だにボブからの電話はありません。



日曜日の電話(メッセージ)の後の自分の心境としてはですね、
ボブとの別れを悲しんでるわけでもなけりゃ、喜んでるわけでもないんですな。

なんて言うんでしょう?

こう、

さっぱり&スッキリ~!(*'∀')

とでも言うんでしょうか。

酔っ払った夜、『今直ぐにでも寝たいけど、とりあえず化粧くらいは落とさなきゃ…
でもやっぱり眠たいし、酔っ払ってて足元がおぼつかないんだから、
洗顔どころの話じゃないっちゅーねん、自分…』って考えてるそばから、
プロが顔スパをやってくれて、化粧が落ちただけでなく、お肌もさらさら、すべすべ☆★
∩(´∀`)∩ワァイ♪ ∩(´∀`)∩ワァイ♪

って感じ? 爆

わかりますぅ?


そりゃまぁね、ボブは今までの男の中で群を抜いて良い
(あ、体の相性が、ってことです(爆))男だったので、
惜しいことをしたなぁという感は拭えないってのが本音ですが(笑)。

それに、ボブは意外と、第一印象に反して男前だったし(笑)。
いやいや、これはホントに。眼鏡をとるとなかなかな美男でしたわ、ボブは。
いや、眼鏡をかけたままでも結構な美男子だったかも。
とりあえず、面食いなウチとしては申し分ない「意外な発見」をしたってことに
変わりはないっちゃ。

そして、彼はアイスクリームに目がないってこともわかったし。
大の甘党のウチには持って来いな人ですよ、アイスクリームが大好きだなんて男は。
そう思いません?

でもね、お国柄なのか宗教なのか、それとも単にボブがそういう考えの人なのかは定かじゃないんですが、どうも腑に落ちないところがいつくかあったのも確かなんですよねー。

Ethnocentricなんですかね?
それともAllahが唯一絶対の神だって信じてるが故か。
それとも彼がバナナ*なだけなのか。

ホント、敬虔な仏教徒でも神教徒でも儒教徒でもない人に囲まれて
半ば「アメリカ万歳」なテレビ番組などを好んで育った
一日本人のウチには理解しがたいんですが、
とりあえず、根本的な彼の観点=特に人を見る目=が
偏ってると思えて仕方がなかったんです。

*バナナ=皮が黄色で中身が白い→まるで自分がコォケイジャン(白人)と勘違いしているアジア人を皮肉った言い方。ボブはアラブ系でちょっと浅黒いかんじでしたが、アラブは一応“アジア”ですので、敢えてこの表現をしてみました。

プラス、彼の機関銃トーク。
神経が高ぶっていたのはわかりますが、やっぱり
他人の言い分を聞く余裕を持っていると思い難い人と会話ってのは
後々、普通に話しをしている時ですら何かしらの障害が生じると思うんですよね。

若くして単身異国の地に渡ってきて、大学の学費も自分で払って、
今まで、文字通り“ほぼ一人で”生活してきた38歳になろう男。

意見が偏ってても仕方がないのかもしれない。
きっと必要以上に強くならなきゃいけなかったんでしょう。

「神は不公平だ。Judgement Day になったら、この俺が神をジャッジしてやる」

って言い切った人。



う~ん。

とりあえず、一期一会。

ってことを胸に。
[PR]
by HarlemSomu | 2006-10-25 17:04 | 恋だの愛だの

アップデイトだがや

えぇっと、誠に勝手ながら、今回のアップデイトは
mixi に入っている人だけが読める『近況報告』です。

と言うのも、書いてたら予想外に長~くなってしまって(苦笑)。

コピペをすれば手間なぞ全く掛からんのですが、
よくよく考えてみると最初からこっちのブログには
“彼”のことについて触れてない様な気がしてきましてね。

過去のエントリーをチェックすればいいことなんですが、
それがどうも面倒で(爆)。

って言うか、今日は手間のかかる仕事があるから
とりあえずそっちを片付けたい、と(爆)

ただそれだけなんですっ。

(゜▽゜)アハッ


っと言うわけで、多分お昼の後にでもアップしようかな~っなんて思っとります。

でも、あくまでも「予定は未定」ですので、期待せんといてっ!
[PR]
by HarlemSomu | 2006-10-25 12:18 | 恋だの愛だの

“夏時間”

カナダがどうだかは知らないんですが、とりあえず米国には標準時間と夏時間ってのがあるじゃないですか。あ、でもカナダも夏時間を使ってたような記憶がなきにしも非ずやな。

そう、それでこの“夏時間”。
みなさんご存知だとは思いますけれども、
正式名称は「Daylight Saving Time」ですよね。

暦の上で夏とされてる間+数週間のエキストラに使われるから、
日本語では夏時間と呼んでます、よね?

この前、この“夏時間”についてオレ様ことロイスと、ほんのちょびっとだけ笑える
ミスコミュニケーションがあったんで、ここに書こうかな、なんて。


ウチ: Summer time will be over the Sunday after next.
ロイス: What are you talking about? Summer has BEEN over.
ウチ: No, it's still summer time. The last Sunday of Ocbober is the last day of summer time.
ロイス: Yeah, but summer ended in September. It's fall now, and before you know it's winter.
ウチ: Oh, no no no. I'm talking about the time system. What's it call? Daylight Saving Time? That.
ロイス: Awww, okay, LOL.


なんでこんな展開になったかというのが、今回の『地域ネタ』の理由なんですな。

ウチがアメリカ生活の大半を過ごしたのは Buffalo, NY。ここいらの人間が「アップステイト」と呼んでいる地域の一番西側にある都市。

わたしの記憶が正しければ(料理の鉄人のオープニング風に(笑))、
バッファローニアン(バッファロー市民)はみんな「Daylight Saving Time」のことを
『summer time』と呼んでおりました。

NYC に引っ越して来てから丸3年。
何にも知らないウチは、バッファローを去ってからもずっと
Daylight Saving Time のことを summer time と言っておりました。


でも、じゃあどうしてバッファローニアンは夏時間を『summer time』と呼んでいたのか。
そこが疑問として挙がりますよね。

オレ様曰く

田舎モンには頭が弱いのが多いから、syllable(音節)が多すぎると混乱するんだろ(爆)。
“What do you call it? Daving Saylight Time??”ってな感じ?(爆爆)


いくら何でもそりゃないだろぅと思うんですが、あながち嘘でもないかも(笑)。

デイライト セイヴィング タイム

って言うよりも、

サマー タイム

って呼ぶ方が、どう考えたって短く済みますもん。
寒い地域の人間が培った知恵とでも言うんでしょうか。

昔、東北地方出身の伊奈かっぺいって言うコメディアンが、
『寒いし、雪が入るのが嫌だから、皆あんまり大きく口を開けてしゃべらないんですよ』
って言った冗談があって。

小さいながらにものすごく衝撃を受けた&めちゃめちゃ納得した記憶があります(笑)。

きっとそれでしょうね、この『summer time』って呼ぶ現象 in greater Buffalo area, NY。
(爆)



えぇ、そんなこんなで、毎度のことあまりまとまっておりませぬが、
今度の日曜日から標準時間に戻りますよ~、皆さん!

ということで。

お粗末!!



前から思ってたんだけど、この『標準時間』っていう時間を使う期間って、
夏時間(4月最初の日曜日から10月最後の日曜日まで)よりも
断然短いのにも関わらず、“標準”時間って言われてる(爆)。
イギリスをはじめとするヨーロッパ諸国は夏時間っていうシステムを使ってないのかな?!
ちょっと疑問!
[PR]
by HarlemSomu | 2006-10-24 12:20 | 地域ネタ

何でもよく噛んでから

ブログってのは便利なもんで、使われている言語を読める限り、世界中の人に読まれるものです。

これはどのブログを読んでも必ず1回はトピックとして挙がる問題なんですが、書く側と読む側の意識の差の違い。

書き言葉ってのは、いくら注意していても面と向かって話しをしている時ほどの abitily to convey intentions of a writer to readers がないわけで。読む側もそこらへんを汲んで読む、くらいのつもりで読むのが望ましいのではなかろうか、っと。

ウチはブログを書き始めるずっと前から、いろんな方のブログを書く側の気持ちを考えながら読んでました。コメントを書くときは、尚更注意して書き手の言っていることを出来る限り理解するように心掛けていました。


ブログってのはオンラインの日記というかメモ帳というか、とにかく書き手が書きたいことを書き込むスペースであって、良い意味でも悪い意味でも、言論の自由を最大限に活用しているものの一つなんじゃないかな、とウチは思うんですよね。

書き手は、どんな人が読むのか、どんな反共を呼ぶのか、色々考えてから書くべきだと思うんですが、一人ひとりの書き手がみな一様に自分の書いたものを他の人に読んでもらいたいと考えてブログを綴っているとは思えないんですよ。

他人に読まれたくないのであれば、オンラインに綴らなければ良いってのも一理ありますが、オンラインの便利さを利用したいって理由でブログを日記の代わりにしている人もいるとおもうんです。

気に入らない内容が書いてあるエントリーや、ブログそのものが気に食わない趣旨である場合、読み手はそれら一つひとつに不平不満、忠告、助言をする必要などないんですよ。

読み過ごすか忘れるか。でももしよっぽど「どうしても一言…」と思うときは、読み手は自分が書き手に換わるということを充分に理解してからコメントをかくべきですよね。だって、結果的に見当違いなことを「助言」したり「忠告」したりする可能性があるわけで。


文面って、その人の人柄が如実に表れると思うんです。

人柄だけでなく、書き手の『心情』が細かく表現されると思うんですよ、書き言葉って。

その細かい心情をどれだけ汲みとれるか。
だから読み手には読解力っていうものが必要になるんですよね。



何が言いたいのかっていうと、
読み手はよく噛んでから飲み込まなきゃ、消化不良をおこしちゃうかもしれないし、栄養失調に陥っちゃうかもしれないってことです。

あ、またワケのわからん比喩になっちゃったか。

書き手を消化器官に例えて考えて下され。

よく噛まない人の胃や小腸、大腸ってのは、きっとそれに慣れっこになってるだろうから、消化不良を起こすことなく、体の持ち主(?)もなに不自由なく生活できると思うんです。

でも、噛み砕かれてないものをたまに受け取る胃や腸の場合、飲み込んだ本人に消化不良を起こしてしまうと思うんですよ。消化不良を何とか避けられたとしても、モノを飲み込んだ本人に栄養失調を招く可能性がまだまだあるわけでして。

消化不良って、どう転んでもあんまり良い影響を及ぼさないじゃないですか、ね?

だから、読み手はなんでもしっかり噛んでから飲み込むように心掛けましょうってことです。

書き手も、読み手がしっかり噛み砕けるように、出来るだけ細かく切り刻んで提供しましょう。


そういうこったす。
[PR]
by HarlemSomu | 2006-10-19 11:59
どうにかこうにか、オフィス半分の移動が完了。
先週の木曜日は6時半まで、金曜日は6時まで荷詰め作業で残業…

金曜日、やっと自分の分を最後に移動し終わった時には既に5時。
帰宅の時間やないけ~!!
と心の中で叫びたかったが、その気力もなく(笑)。
力なく、ぼそっと(心の中で、ですよ)嘆きましたです。

そして、一息つこうと椅子に腰を掛けたものの、
一つ気付いたことが。



今度は unpacking


せにゃならん!!





しかもまた一人で。



このオフィスは全然大きくないです、正直言って。
だからランチルームも倉庫もメール室も、それぞれが12畳、10畳、8畳くらい
ってなところでしょうか(ん~、でも違うかも。もっと広いかも?!)。

でもね、それを一人でパッキングして御覧なさいっちゅーの。
横目で男どもが自分たちだけの荷物の移動にセコセコ動いてるのを眺めながら、
いったい本当に時間(金曜日の午後5時)までに全てのパッキングを終わらせられるのだろうか
と自問自答しながら、でも叱咤激励も自分でしながら、頑張りましたさ。

それを今度は

アンパッキング

だぁ~?!





っざ~けんじゃ~ねぇぇぇ



(╬゜д⊙)






もぉね、こうなったらヤケクソじゃ!って思って、金曜日はそのまま荷解きをする気でした、大マジで。でもいつものメンバー(フミちゃん&さっちゃん)の

『帰りましょ~よ~』

に押され。そして疲労&腹立ちもかなり極限に近づいていたってことも手伝い、
結局6時に帰りました。


今日は火曜日。昨日のことはまた明日アップします…

今日はもう疲れたじょ…
[PR]
by HarlemSomu | 2006-10-17 17:03 | 仕事カンケイ

やることありすぎ!!

オフィス(半分だけだけど)の引越しも架橋に入っております!!
めっちゃ忙しいです!!!
ほぼ引越し屋に扮してる状態の今日この頃です!!!!

いや、別に重たいものを運んでるわけじゃないんだけどさ、
このオフィスはここのビルが建つ前から(そう、建築工事を横目に
トレーラーで仕事を始めたのさ!)ある&10年近く誰も整理整頓をしてないもんだから、
埃を被った古い書類だのファイルだのが


も~んのすっごく

たぁぁぁぁぁぁぁっくさん



出てくるんですよねー…

それらを誰に目を通してもらうか
とか
とにかく捨てちゃう
とか
とりあえず改装が終わるまで別の場所にしまうか
とか

そういう判断&箱詰めをウチがやってるわけですよ。
ほぼ一人で。
えぇ、ほぼ一人で(爆)。

そりゃ何人かいますよ、自分の分を整理整頓してる人たちが。
でもウチは

総務

なので、「これはオレには関係な~い」ってものは全て


総務の仕事


としてみなされちゃうわけでして()。


ってなわけで、まとまってないですが、忙しいのでこの辺で!!!
[PR]
by HarlemSomu | 2006-10-12 15:37 | 仕事カンケイ

愛だよ、愛。ってか。

恋は愛とは違うのね。
それを痛感しつつある今日この頃(笑)。


誰かに恋をするってのは、その人を求めてるってことなんでしょ?

だって、『人肌が恋しい』とか『ぬくもりが恋しい』っていうとき、
人肌やら誰かのぬくもりを求めてるわけであって。


愛するってのは、見返りのない譲与、なのよね?

母親の、子供に対する愛ってのはほぼ不変でさ。


ウチの解釈は、またいつもの如く間違ってるかもしれんが、
とりあえず自分のなかでは結構スッキリと片付き始めてるんですわ、
この『恋する』だの『愛とは何ぞや』って問題(?)が。


実はね、8月(下旬だったかな?)にオレ様ことロイスと officially に break up をしたんです。結婚してたわけじゃないから、何をもって「official」とするかっていう突っ込みをしないように!!(爆)

色々とワケあって、ウチに対するロイスの感情は正に HATE なんですね、ここ最近。

それでも、何だかんだ言ってても、ウチのことを心配してるっぽい様子。

だって、「お前とはもう二度と口を利きたくない!」だの「お前みたいな最低な女は初めてだ!!」だの、「お前の人生なんてこれからどんどん fucked up していくだけだからな!!!」だの。それはそれは、酷いことをこれでもか、これでもか!と続けざまに言われましたの。

完全なる人格否定もされましたわ、えぇ。しかも全部図星ってところが、これまた痛かった~…

それだけウチっていう人間を酷評&罵倒したにも関わらず、
何でもない用事にこじつけて電話や text message をしてくるオレ様。
「None of my business」と言っておきながら、なんやかんやとアドバイスをくれるオレ様。
「You're on your own now」と言い放っておきながら、色々なことを聞いてきては、ウチの身辺を案じているオレ様。
「You have to be much stronger alone」と言ってるそばから、たまには電話でも何でも、近況報告をしてくれないと、こっちが心配になるから。と言うオレ様。

そこに愛を感じるんですよ、とっても。



ここでいくら買いても、当事者じゃないから何ともいえないわ~と言われてしまえばそれまでなんですが(苦笑)。

とりあえず、こんなアホを真剣に思ってくれる貴重な人が世の中にはいるもんだってことなんですわぃ。

ロイスとは良いお友達としてこれからも付き合っていけたらいいなぁ

なんて、振った方の身勝手な希望を言ってみたりしたりなんかして(笑)。
[PR]
by HarlemSomu | 2006-10-06 11:07 | 恋だの愛だの

頭文字なわけ

アキツさんのブログ『エー(A)とかディー(D)とかジェイ(J)とかマーとか』にトラックバック!

ここいらの男どもは、大抵みんな友達の名前の頭文字だけで名前を呼んでます。
あ、男だけってわけでもないかな?Jay-Z がBeyonce のことを「B」って呼んでるみたいだし。
でもそうやって呼んでる本人は男だから、やっぱり男に限定してもいいのかも!?

まぁいいや。

省略ってことで頭文字で呼び合ったり、親しみを込めて頭文字だけで呼び合ったり。
理由は至って普通です。えぇ。

でもね。

一つだけ、「おいおい!」と言いたくなるような理由も、実はあるんですよー。

それは…

具体例を挙げましょう。

ある人物、ルーク(Luke)。彼の趣味はナンパと言っても過言ではないくらい、外をふらついて女の子を引っ掛けるのが大好きな男。

普段、男友達だけの間では彼はルークと呼ばれておりますが、一歩外に出ると、途端に彼の呼び名は『L』へと変わります。暗黙の了解なんですよ、既に。

そして、いつもの如く女の子を引っ掛けたり、前に引っ掛けた女の子を見つけては flirting にいそしんだり。*でもね、前に声を掛けた女の子が友達と歩いている時などは、ルークは隠れるんですよ。きっとバツが悪いんでしょうね~(爆)。

ルークの男友達は彼を『L』としか呼ばないので、女の子たちは自分が今ルーサー(Luther)と話をしているのか、ライオネル(Lionel)と話をしているのか、はたまたロイド(Lloyd)と話をしているのか、全く判らないんですねー。

ちなみにレオナルド(Leonard)とかリオン(Leon)とかって名前は使わないんですよ。いくら偽名で通してるとは言っても、やっぱり白人系の名前を使う気にはならないみたいです。

そして、次が一番のポイントなんですが、
女の子各位は自分が知っている彼の名前が正しい
と思い込むわけなんですっ!


えー、っというわけで。

自分の知っている男に会ってた時に、彼の回りの友達が頭文字でしか呼ばない時は
「ん?!」っと思って宜しいでしょう(笑)。

あ、そうそう。それで一つ思い出した!

自分の知っている男の男友達が周りにいるだけでもまだマシなのよ。
ヤツがいつも一人の場合 or 「オレには友達がいない/少ないからさー…」と言う男の場合、
彼の言っている名前が本当かどうかを疑うどころの話じゃなくって、
自分が知っている男は本当に the guy whom I think I know かどうかを先ず探った方が
宜しいと思われますです(爆)。


ですので、そこいらをうろついている dogs にはくれぐれも注意しましょう!爆爆
[PR]
by HarlemSomu | 2006-10-03 10:44 | 地域ネタ