ハーレムに潜んでいた総務が中華街に引越したら、経理になっちゃった。


by HarlemSomu
カレンダー

<   2006年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

嗚呼、ジョシツキ…!

前に熱波で寒いのよ。にも書いたんですが、ウチは専ら除湿機派(微妙なネーミングだな、これも(笑))なんですな。

クーラーは、とりあえずイカンのよ。体がダル~くなるし、骨の髄まで冷えちゃうって言うかさ。


うちのばぁちゃんはとある個人経営(?)の産婦人科の婦長でして: 因みに、80歳近い今でも現役(最近ではパート)で働いてるんですよ!そして院長はそれよりも更に年上!!他の看護婦さんたちもやっぱりみんな、相当年季の入ったベテランさん達なんですよね(微笑)。

そう、それでそのうちのばぁちゃんのお陰で、我が家はすっかり除湿機家族。

と言うのも、大人だけでなく、子供アーンド赤ん坊にとって、クーラーから出てくる冷たい風は

体がおかしくなるだけだから、

なぁんもいいことなんてないんだよっ!

(#゜Д ゜)


by うちのばぁちゃん


そして、ばぁちゃんのこの憤りを正すかのような出来事が、数年前に起こったのです…


ウチのママさんの1番上のお姉さん(ばぁちゃんの長女)はオフィスで働いてる人。

ある暑い夏、Tちゃん(ばぁちゃんはこう呼んでる)は冷房の傍の席に移動となりました。
どうやら、『クーラーが嫌いだって、同僚(後輩?)がうるさいから、仕方なく席を交換してあげたんだよ、ブツブツ…』らしいんです。

そしてそれから数日後、やっぱりTちゃんも「だから嫌だったんだよ、ブツブツ…」と言いながら、いつもの様に、仕事帰りに我が家に立ち寄りました。*Tちゃん家と我が家は歩いて5分強しか離れてなかったんですね、当時。

そんなTちゃんの顔半分が…













麻痺してるぅぅぅ!!!


もー、マジでビックリですよ。



麻痺してる半分は、そうです、


クーラーの風があたる方



Tちゃんはその後、と言ってもものの数週間の間に

入院せざるを得ない状態

にまでなっちゃったんですよ、マジで。


健康を取り戻したのが不幸中の幸いなんですけど、
入院先のドクターも結構なヤブだった(何せ一刻を争うって状態だったんで
通勤&通院に便利のいいところを選ばざるを得なく(痛))ってのも手伝って
今じゃTちゃんは実際の歳よりもか~な~り老け込んじゃってますがな。


まぁね、Tちゃんが座ってた席の傍のクーラーってのはオフィス用のだったので、家庭用の冷房機でTちゃんと同じ症状になるってわけじゃないだろうけど。

でも、怖いですぜ、マジで。



なのでみなさんも、冷房の使いすぎには充分気をつけておくんなまし。
[PR]
by HarlemSomu | 2006-07-28 17:02 | 常日頃の話
いつもお世話になってる脳天気さんのバトンについて(少し大げさに考えてみました)にトラックバックしております。

このバトン、ブログを書く前=色んな人のブログを読んでるだけの頃から、ちょいと疑問に思ってたことなんですが、殆どのバトンの最後に、必ずと言っても過言でないほど「次に回す人をここで指名!」とか「#人の人にこのバトンを渡して下さい」とか、とにかくちょっと強引な部分があるなぁと。

脳天気さんも仰ってるように、自分でバトンを勝手に受け取るのはいいんです。つい最近ウチも初めてバトンを受け取って、嬉しかったし、楽しんで答えさせていただいたし、第一ネタを考えなくて済んだし(笑)。

でも、次に回して下さいとなると、途端に困っちゃうんですよね。

別にね、絶対にそのバトンを誰かに渡さなきゃいけないってわけじゃなく、次に回さないから受け取っちゃいけないってわけでもなく。

バトンを受け取るか否か、次の人に渡すか否か、そのへんは個人の判断でいいと思うんです。

が、

やっぱり、こう、なんて言うんでしょう?脳天気さんがそのら辺りを上手に語っているんですが、正にその通りなんです(って、これだけを読んでる人には、ウチがなにを言ってるのか、さっぱりわからないですよね(笑))。

バトンが回って来て困る人、回ってこなくてガッカリする人、次に渡す人がいなくて困る人、渡したい人が沢山いすぎて困る人、色々だと思うんです。


えっと、ここで何を言いたいのかを簡潔にまとめると、とりあえずどんなバトンにしても、一体誰が言い出しっぺなのかってことなんですよね。
*ブログは“言う”もんじゃないから、さながら“書き”だしっぺとでも呼ぶんでしょうか(笑)。


そう考えると、バトンによっては色んな国で色んな言語になって出回ってるものもあるんでしょうねー。

だって、日本にいる・いないを限らず、日本人以外のブロガー友達をもってる人たちがいるんだし、日本人でなくても日本語を読めるブロガーだっているんだもん、ね?

逆に、ごく限られた内輪でしか出回らなかったバトンも沢山あるんでしょうなぁ。それらのバトン達も、志半ばでバトン生命に終止符を打たなきゃならなくって、さぞ心残りだったことでしょう(!?)。



一つ確実に言えることは、そうだなぁ…

バトンをもらっても貰わなくても、それを次に回しても回さなくても、
恨みっこな~しよっ♪

ってことですか。ね!
[PR]
by HarlemSomu | 2006-07-28 16:35

ブタの居ぬまの洗濯

昨日からウチの直の上司のB松がいないのよ~ん♪

休暇で2週間ほど日本に一時帰国をしておりますの。

お陰でウチのネットサーフィン(もう死語?)も捗る(はかどる)の何の!

もちろん仕事もそれなりにこなしておりますので、ご心配なく☆

B松が戻ってきたら、今度は社長が夏休みで日本へ。やっぱり2週間だけ。


社長はいいのよ、別に。時々面倒臭いこと言いつけてくるけど、おちゃめちゃんだから許してあげる(笑)。

う~ん、そうでもないか(爆)。

でもB松ほどの憎たらしさはないね、確かに。なので、社長が会社にいても、ウチは別に嫌な気はしないの。
→あー、なんかこんな風に書いてると、まるでウチが偉い立場の人間みたいね(笑)。


B松。アメリカに戻って来る時は一人らしい。行きは奥さんと息子と一緒だったけど、帰りは奥さんのご両親の旅行を兼ねてるらしく、B松は一人で先にアメリカに飛ぶんだとさ。

B松だけだったら、飛行機が事故っちゃえばいいのに!

なーんてね。

他にも旅客がいるから、そんな不謹慎なことは言えないね。



とりあえず、ブタが居ない間、のんびり羽を伸ばさせて頂きますわよ!おほほほほ~っ!!
[PR]
by HarlemSomu | 2006-07-26 14:36 | 仕事カンケイ

Call 911 なのじゃ

驚いちゃうようなことが2件立て続けに起こったんですよ、昨日。
そのお話をちょいとご紹介。

まず一つ目。


35th & 7 Ave にある某大手コーヒー店。

ウチは仕事帰りにさっちゃんと一緒に、ちょっくら寄り道(とか言いながら結局2時間以上(笑))をして、そこで茶をしばいていた。

ウチ等は one of the 2 tables in the store that were right by the door に座っていたのですよ。で、ウチは外に面して座っておりました。

すると、一人のムサイおっさん(白人)が、某安売り洋品店『CONW●Y』 のピンクのビニール袋を提げてお店に入ってきました。

彼の身なり&形相からして、どう考えても「コーヒーを一杯ひっかける」ってな感じじゃなかったってことと、ドアの付近にあった棚を凝視していたってことで、彼がちょびっと不審に見えたのですね。


『おいおい、おっさん。何をそんなに一生懸命、棚を見つめているんだい?』


ウチがそんなことを考えていたものの数秒の間に、彼はおもむろに商品(コーヒー豆の入った袋)を掴んでは次々にピンクのビニール袋に入れてるではあ~りませんか!!


『え?おやじ。そのコーヒー豆の袋たちを、ご購入なさるおつもりですか?』


なーんて考えてたら、このおっさん、お店を出て行くではありませんか!

さっちゃんには死角にあったこの陳列棚&おやじ&おやじの行動。店内を見回しても、誰ひとりとしておやじに気づいていない模様。

そう、ウチ一人がこのおやじの万引きの一部始終を見ていたんですよ。

いやー、万引きってのは堂々と行うものだってのはよく聞くし、ビクビクしてなきゃ捕まらないってのもよく聞く話だけどさー。

まさかウチが万引きの唯一の目撃者になるとは、誰が予想してたでしょう?!

しばらくウチの心臓はバクバクしておりましたさ。驚きとショックと興奮で。



2つ目。

オレ様ことロイスと一緒にアップタウンまで戻ってきたウチ。
*ヤツに万引きおやじのことを言ったら、誉められた(?)。理由は「Don't snitch!」のストリートの鉄則を守ったからだとか。おいおい……

ヤツ(ロイスのことね)は友達のところにちょっと寄るってんで、駅の階段を上ったところで、とりあえずバイバイ。

ウチが一人で歩いていると、またいつもの如く、キャットコーリング(詳しくはかおるさんのNYBCTのエントリーをご覧下され)。

ウチは4回に1回は、というか、相手が可愛い/格好いいかを瞬時に見定めてから、きちんと返事を返す。完全なる無視ってのも、なんか悪い気がしてね(笑)。しかも相手がカワイかった場合、無視したら勿体無いじゃない!

だもんで、昨日の夜も

「よぉ姉ちゃん。You're so beautiful!」

とのコーリングに対して「ありがとう(with ほんの気持ち無愛想)」。

でもってまたお決まりで「Yo, let me talk to you for a sec (second) !」、そしてそれを横目 or 尻目に颯爽と通りすぎるウチ。


と、ここまではいつも通りだったんですよ。

でも昨日の夜は一味違ったんですねー。

なんと、この酔っ払い、しつこつウチの後を追いかけてくるではあ~りませんか!

そして勝手な自己紹介を始め、握手を求め。まぁこれも時々あるパターンなんですね、確かに。


ところがこの酔っ払い

「Give me a hug good night!」

と来たもんだ。そしてウチの行く手を遮らんばかりに仁王立ち。

これには流石に参った~(汗)。

一瞬たじろいだウチを瞬時に感じとったこの酔っ払いが次にとった行動とは…






キス攻撃…




もぉ、これにはマジで本当に困ったっす。

この酔っ払い、口にキスをしてこようと必死だったから、ウチは逃げ回ったんですよ、当然。

でも酔っ払いはおよそ6フィート&stucky。対するウチは5フィート&tiny (そこ、余計な突っ込みはしない!)。逃げられるわけがない。


首やら耳に


酒臭~~~~~い


熱ぅぅぅい息がぁぁぁぁぁ………



(゜д゜|||)












どうにかして接吻&それ以上の (;´Д`); エェェ???なことは免れたものの、





充分怖かった



であります。

必死にキス攻撃から逃れようとしてる最中、ウチは頭のなかで

『あー、こんなんだもん、レイプなんてお茶の子サイサイよねぇ』

なーんてことを一人呟いていたのでありました…

*でもね、でもね、一大事に至らなかったからってことをいいことに、この酔っ払いは中々の男前な顔をしてたのよね(笑)。そして酒臭いキスはロイスよりも格段に上手かった(爆)。


もちろん後でロイスに報告しましたさ。いや、彼が男前だったとかあんたよかキスが上手かったとかじゃなく

そしたら、案の定、

「そういうこと=誘拐だのレイプだのの可能な近未来を考える余裕(?)があって、なんで call 911 しようって考えが浮かばんのじゃ、(゚Д゚#) ゴルァ!!!」

とな。





みなさん、

この先アメリカ国内で

万引きを目撃したら、

and/or 変なのに絡まれたら、

迷わず


Call 911


いたしましょう。
[PR]
by HarlemSomu | 2006-07-25 10:50 | 地域ネタ

指定バトン:総務

ルール:
1. 廻してくれた人から貰った『指定』を『 』の中に入れて答える事。
2. また、廻す時、その人に指定する事。

すいかさんよりバトンを受け取りましたです。
お題の『』は総務です。

それでは参りませう。



●最近思う「総務」

広く浅くが総務の鉄則、の筈。でもウチは最近「狭く浅く」でもいいべ。
ってな感じっすね(爆)。

結婚して家に篭りっきりじゃつまんないって時にもってこいの総務。
子育てが一段落した時にちょっと社会復帰したいかもってときに丁度良い総務。

ですな。


●この「総務」は感動!!!!!

ウチの前の前の総務の方。彼女はかなり割り切っていたらしく、やるべきことのみしっかりこなし、それ以外は殆ど一日中、毎日フランス語の勉強をしていたそうだ。総務だからといって、必要以上に気を利かそう、なんてを敢えてしなかったんだそうな。素晴らしい!!


●直感的「総務」

暇でラク(爆)


●好きな「総務」

うーん… なんかこれには結構無理があるような(爆)。
でもまぁいいや。

そうだなぁ…

レセプショニストと言う名の総務。
発注業務担当と言う名の総務。
人事担当と言う名の総務。

会社によってしっかりカテゴライズされてる仕事の諸々も、うちのオフィスじゃみーんな「総務のお仕事」になってしまっているのさ。


●こんな「総務」は嫌だ!

うちの部活のマネージャー的総務はいやじゃ!


頼れるおかあちゃん的総務はいやじゃ!!



掃除のおばちゃん的総務はいやじゃ!!!




●この世に「総務」がなかったら?

あら〜、素敵な質問ね♪

この世に総務がなかったら、どうなると思います??


そこらじゅう、そりゃ〜もう大騒ぎさ☆


●次に廻す5人(『指定』付きで )

シドニー生活…今日も脳天気のオーストラリアの脳天気さん。お題は『シドニーのオージー達』♪
ニューヨーク日記の hitomi さん。お題は『アメリカ合衆国』!
jouons!の Promenade さん。お題は『鬱病』☆

あと二人…… 
勘弁してくだせぃ、お代官様(泣)。


もちろんスルーしてくださって構いませぬ。
[PR]
by HarlemSomu | 2006-07-22 16:34 | 仕事カンケイ

to stay or to go?

Fastfood restaurants で必ず聞くこの決まり文句。
日本でいうところの「こちらでお召し上がりですか?」と全く同じ。
そして、その言い方の速さも、これまた日本のそれと同じ(笑)。
とっても速いのじゃ。

でもね、面白いことに、この決まり文句、ウチが大学時代を過ごした Upstate NY (Morrisville & Buffalo) とここマンハッタン(ニューヨーク市内全般)では言い方が違うのじゃ。

ここいら(ニューヨーク市&ウチの職場のあるジャージーシティー近辺)では、題にもある通り

「Is this (it) to stay or to go?」

なのですが、アップステイトNYでは一様にして


「Is this (it) for here or to go?」


なんですねー。

オレ様曰く『to stay の方が文法的には正しい』らしいが。

う〜ん………

この差は一体いつどこで生まれたのか(笑)??



でも時々、マンハッタン内にいながらにしてこの「for here or to go?」を聞くときもなきにしもあらず。そんな時ウチはそのキャッシャーに妙な親近感を抱いてしまう(爆)。



あ、そうそう。それでさ。時々

「Are you staying or going?」

って訊く店員もいる。そういった場合の答えはやっぱ「I'm going (staying).」なはずなのに、ついついいつもの癖で

「It's to go (to stay).」

と言ってしまうのさ(爆)。

でもって、そう言い返したウチに対する店員の返事は、誰でも、そしていつでも決まって

「Ok, you're going (staying).」

と、イング形なんですね。そして「イングで訊いてるんだから、イング形で答えなさいよね。フン。」とでも言いたげな態度ももれなく付いてきます(爆)。


まぁそれはさて置き。


この「to stay」と「for here」の違い。

一体いつ、どこで始まったのでしょう?

答えを知っている方、いませんか??

これを考えだすといつも夜も眠れないんですよ…















な〜んてのはウッソー♪

いやでもマジで、この違いにまつわる歴史(?)を知ってる人、いないもんですかね?
[PR]
by HarlemSomu | 2006-07-22 15:46 | 総務のエイゴ
え~、只今7月21日金曜日、午後5時5分前でございます。

10分ほど前から、かなりの豪雨です。

4時を回ったころから、かなり雷が鳴り響いておりまして。

あたりは濃霧に包まれておりまする。

金曜日の午後って言ったら、みんな早く家に帰りたくて仕方ないっちゅーのに、
外はこの有り様ときた。

残業するって言っても、別に急ぎの仕事なんてないしー。
(一つ面倒臭いのが今も目の前に置いてあるんだけどね(笑))

今朝も、9時をちょっと過ぎたくらいに急に、そして一気に真っ暗になったしね、外が。
9時半過ぎにはちょっとずつ明るくなり始めたけど。
でもってその時は雨も雷も全くなかったのに。

一体何なんでしょうね、この天気。

一昨日までは猛暑が続き、今日は豪雨&豪快な雷たち。

あ、そんなこと書いてる傍から、雨が突然止んでしまった(爆)。
でも相変わらず雷は4(ゴロゴロ)*、鳴り止んでないけどね。

*数学様式ですのよ!『4 架ける ゴロゴロ』ってやつ♪
あ~、さぶ…


あ、そんなことを言っているうちに、雷も鳴り止んでしまいましたワ♪

う~ん、でも外はまだ暗いゾ……
[PR]
by harlemsomu | 2006-07-21 17:04 | 常日頃の話

かるさ

なんでこう、ウチって女は軽く見られてしまうんだろうか。




























何がウチを女として軽く見させてるのか。



























嗚呼… … … …






































今日は吹雪です。




















と思ったら。*一度アップしてから、20分くらい?経ってます。



どうやら誉め言葉のつもりだったらしい。





だから恋愛ゲームって面倒なのよね。



















はぁ~っ。

happily married woman に

A.S.A.P. でなりたいわ。

(遠い目)
[PR]
by HarlemSomu | 2006-07-18 12:35 | 恋だの愛だの

熱波で寒いのよ。

熱波が来てるんですよ、先週の後半くらいから。


アラスカとハワイのことはこの辺りのテレビのお天気コーナーで取り上げられないので何とも言えないんですが、とりあえずアメリカ全土熱波に覆われているらしい。

*アラスカとハワイが含まれてなかったら、アメリカ“全土”って呼べないんでないの?っていう疑問はなしよ☆


先週の水曜日とか木曜日あたりから、体感温度が100度(華氏)以上。今週は週末まで連日そんな感じの天気らしい……(汗汗汗)。


湿度が高いのよ、何と言っても。


もー、冗談抜きで日本製の冷風除湿機が欲しいぃ~~~!!!





アメリカにもありますよ、除湿機。でもね、全くお部屋が涼しくならんのですたい。

去年の夏に、やっぱり日本製の冷風除湿機が欲しくてたまらなくて、でも高くて手が全く出せない状態(爆)で、仕方ないからその辺で売ってる除湿機でも買うか…となり。

ネットで色々と検索をしたんです。でも、どのメーカー一つ取っても、「冷風の出る除湿機」なんて代物はなく。

どこのメーカーだったっけなー。アメリカじゃあ名を馳せてる家電製品のブランドの除湿機に行き着いたら、

「除湿機の構造上、除湿をしながら冷風を送り出すということは不可能です

って書いてあった(爆)。

しかもね、更には


「除湿機は部屋の湿気を取り除く機械です。お部屋を涼しくするものではありません。クーラーを使いながら除湿機を使うと、除湿の効果が少なくなります」


とも書いてあった(笑)。



もー、これだからアメリカは…

日本のメーカーのつめの垢を飲め!!!!!

電化製品一般で日本の技術に匹敵するのを有する国なんて、地球上には存在しないってことね、フン♪♪



あ”ーーー… こんな時ほど日本に帰りたいと思うときはないざんす(涙)。



そうそう、それで何で寒いのか。

もう皆さんお分かりだとは思うのですが、ここら辺りの人たちが所有する辞書には「加減をする」って言葉が載ってないらしいですな。

だって、どこに行っても屋内はクーラーが

ギンギンガンガン







さぶいったら


ありゃしない!!!







本当、お前らアメリカ人は☆◎▲♪□♯○★?(激怒)



このクソ暑い中、クーラーがガンガンに利いたマックで脂ぎったバーガーとフライを美味しそうに頬張る図太い神経(いや、無いに等しい神経)のヤツ等を横目に、スムージーをズルズルしながら、のんびりダラダラと歩いているウチでござりましゅ。
[PR]
by HarlemSomu | 2006-07-17 11:45 | 常日頃の話

nothing much...

そう言えば最近、仕事関係の話をアップしてないなーと思ったので、とりあえず(笑)。



タイトルにも書いた通りに、まぁ大してこれと言ったことはないのです(爆)。
それだけ平和&順調ってことなんでしょうね、恐らく。

あっ!でも一つある!

そうそうそう、あるのよ、あるのよ!



このオフィスには所謂「青年」と呼ばれる世代の男性諸君がおらんのです。

駐在員のお兄たま達はこの青年の部類なんですが、彼等は厳密にはうちのオフィスの社員ではないのです。

オヤジばっかりなんです、このオフィスにいるのは。中には「おじさま♪」って呼べなくもない人もちらほら居ると言えばいるのですが(笑)。

最近やたらと湿気が多いですよね。そして暑いですよね。
夏真っ盛りですもんね。

自然と薄着になりますわ、そりゃ。


ウチは、平均的な日本人に比べるとかなり肉付きのいい体をしておりまして。
(って言うか、単に肥満なのよ)。

うーん、肥満って言うより、『隠れ肥満』ってやつ。かなり着やせするし、血中コレステロールも高いし(泣)、なんと言っても体脂肪率は「太り気味」とはっきり出ますんで。

アンド、家系とでも申しましょうか、豊乳なんですな(爆)。

そして黒人&ラティーノ好きが手伝って(?逆?)、おケツを大きくしようと努力して数年: 腹筋とか背筋とかはかなりサボりがちなんですが、ヒップアップのエクササイズは結構しっかり続いておりまする。


肉付きのいい20代後半の娘(自分で娘って言うな!)の夏の薄着 in an office full of オヤジ。

どう思います?

ウチは露出するのが嫌いなので-えぇ、本当に嫌いなんです-ちらリズムとかモロ見えとか、そういった格好はしないんですが、どうしても胸の谷間ってヤツが隠せないんですよ。だって、谷間がちゃんと隠れるような服装なんて、この時期暑すぎて無理!!



だから何が言いたいの?

と尋ねたら。

オヤジの視線がいやなのよ



いや、でもウチのオフィスにいるオヤジさん達は、結構あからさまなのが多い(爆)ので、そういう類の視線はいいんです、あからさまなら。だって、仕方ないもんね(笑)。それこそ flirting の世界ですわよ(笑)。



でも約一名、どうしても我慢できん視線を投げかけてくるのがおるんですわ。

その名も…






















ブタB松。










もーね、コイツの視線がいやらしいのなんのって。

「見ちゃいけない…でも見たい!うー、でも見ちゃいけない!!あー、でも見たい!!!」

って言ってるんですよ、ヤツの両目が。

普段から人の目をみないで話をする人間なんですが、ここ最近のヤツの視線の泳ぎ方と言ったらあーた!

もう、




ただのエロおやじ

























おい、こるぁ~、エロ松!

お前にゃー10歳年下の奥さんがいるんだから、あんなことやこんなことはお家でしなさい!

そして出社時には「○○の副社長」って言う立派な肩書きに相応しい態度&振る舞いをしっかりしなさい!!

間違っても会社で「ちょっとだけだから」な~んて考えて、あんたのその欲求不満を解決させようなんて魂胆で出社するんじゃありません!!!



Capiche?!
[PR]
by HarlemSomu | 2006-07-14 10:47 | 仕事カンケイ