ハーレムに潜んでいた総務が中華街に引越したら、経理になっちゃった。


by HarlemSomu
カレンダー

<   2006年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

えじぷしゃん

今日2つ目…

どうでも良いって言っちゃー、確かにそうなんだけど(笑)。

いつもうちのオフィスに荷物を届けてくれる UPS の兄ちゃん。
FedEx とか DHL の兄ちゃん達の方が断然可愛い/格好良いんだが。
やたらと癖があって、人の記憶にこびり付いて離れない、
UPS のちょい不細工&変な兄ちゃん。

なんとコイツはエジプト出身だそうな!

今週(水曜日から?木曜日から?)から1週間、バケーションで
久しぶりにお国に帰るんだとさ。

「そんなこたぁ、誰も訊いとらんがな」と心の中で思いつつ、
「きっと嬉しくて誰かに聞いてもらいたいんだろうなぁ」とも思いつつ。



エジプト人に出くわすのは、この変な兄ちゃんで初めて。

あまりにも驚いちゃったもんで、この兄ちゃんが言っている「エジプト」
あのエジプトだなんて信じられず、

思わず

「エジプトって、あの、アフリカの北端の?スフィンクスとか
ピラミッドとかの、あのエジプト?!

と、なんとまぁ馬鹿げた質問をしていた自分(爆)。


確かに、どこの国のとも区別がつかない、妙なアクセントのある英語を
しゃべってるなぁと、前々から感じてはいたが。

まさかエジプト出身とはね~。


今度土産話でも訊いてみるかな(笑)。
[PR]
by HarlemSomu | 2006-03-31 11:45 | 仕事カンケイ
日本だと今日が年度の大晦日ですね(笑)。

アメリカって、企業によって Fiscal Year (会計年度?)が違うから
日本みたいに学校、企業全てが『新年度!』っていう、独特のあの
雰囲気が流れていないのよね、どこを歩いてても。

うちのオフィスは日系なので、なんの問題もなく
普通に日本式の会計年度に沿って仕事が進みます。

でもって、会計年度ってやつの区切り方も、企業によって区々(まちまち?)
みたい。

うちのオフィスは1年を2回に区切って報告書だの何だのを
日本に提出してるらしい。

ウチが前に勤めてた会社は、日系だったけど会計年度は
1月1日からだったな。区切りは3ヶ月毎だったような記憶が。

会社によっては4ヶ月おきって場合もあるみたいだね。



年度末だからと言って、特に忙しいという訳でもないわたくし(爆)。

昨日なんて、帰る前の報告(毎日、その日のオフィス内の状況等々を
報告してるのよん♪)の時に、上司に

「バケーション、1日半なんて中途半端な繰り越しするんだったら、
明日休んじゃえば?」

なんて言われてるし(笑)。

それくらいお暇なの~。

今朝なんて、上司のお言葉に甘えて、本気で「休んじゃおうかなー…」
なんてことをベッドの中でヌクヌク、半分寝ながら考えちゃったよ!




それにしても、今日も本当に良いお天気ですね。

お天気良好!気分爽快!!



今日は半ドンにして、どっかでブラブラしようかなぁー。
[PR]
by HarlemSomu | 2006-03-31 11:41 | 仕事カンケイ

春ウララ~♪

どうってことないんですが、「うらら」って『麗』っていう漢字なんですね。
知りませんでした(笑)。


はい、と言うことで、昨日もまた1日バケーションをとりました。(^^)P

今月は殆ど毎週1日バケーションをとってますが、
昨日ほど「あ~。休んで良かった~(遠い目)」と思えた日は
なかっただす!



えぇ、昨日はほぼ一日中、外に出ておりました。
夕方になると流石に風が冷たくなってましたが、それでも薄いコート
(スプリングコート?)で充分なくらい、とってもぽかぽか陽気!

もう春、ですねぇ~♯♪♭

今日なんて「暖かい」って言うより、「ちょっと暑い?!」ってくらい。
この調子でいけば、この辺りの桜も今週末、来週には見頃なんじゃ
ないかな?

ワシントンDCではもう既に桜祭り(?)が始まってるみたいですね。

この前、ニュージャージでも桜を見ることが出来る!って
書きましたが、同僚(みんな現地採用、同世代の女子たち☆)は
口を揃えて

「アメリカで桜って言ったら、やっぱD.C.だよねー」

とな。

ウチはまだ1回もワシントンDCには行ったことないんですが、
そんなに見事なんですかね?それとも、
『アメリカにいて桜を見たかったら、とりあえずDCに行けばいいや』
ってことなんでしょうか??

もちろん彼女たちに訊きました。「どうしてそこまでDCに拘る?!」とね。

そしたら、何てこたぁない。

「オシャレなレストランとかが多いし、しかもハズレがない」とな。

あはははは(苦笑)。
花より団子?いやいや、それはウチのことやね(爆)。



でも、せっかく東海岸にいるんだから、一度はこの国のキャピタルを
訪れてみたいもんですよね。

西海岸から行くより、同じ東海岸から行けば、D.C.までの飛行機代って
ちょっとは違うよね(爆)?

秋口とかにしっかりバケーションをとって行くのもいいかもね。



っんまぁとりあえず、春が訪れましたよぉ~!って言いたかっただけです(笑)。


♪♭チャンチャン♪♯
[PR]
by HarlemSomu | 2006-03-30 15:23 | 常日頃の話

There is ... と There are ...

久しぶりにネタを仕入れたので(笑)。
今回はかなり「へぇ~!」な内容ですよ、うん。

そして、適当なことを言ってしまったお二方に
この場を借りてお詫びを…

私もまだまだ文法には弱いってことが判明いたしました。
申し訳ないです!



「~がない」の言い方、「There is no ~.」と「There are no ~s.」
を数えられる名詞とそうでない名詞によって使い分けるってこと
なんですが。

なんと!!

その言い方は technically incorrect だと言うことが判明!



それでは早速参りませう。

先ず、数えられない名詞-例えば… food、あとは、えっと………
あなたの単語力にお任せします(爆)-が無いと言いたい場合、

There is no food in this house.
(この家には食べ物がなにもない。)

となるのが、一般的ですよね。少なくとも、日常会話ではこういう言い方が
主流だと思います。

では、数えられる名詞-そうですね、pen でどうでしょう-が無い
と言いたい場合、

There are no pens in my pen case.
(私の筆箱にはペンが入っていない。)

となるんです。

ですので、ウチが上出のお二方に先日言ったことは間違い
と言うことになるのです。よって、

There is no pen in here.
(ここにはペンがない。)

と言うのは不正解です!



さぁて、ここからが今日のポイントです。

上で申しました、「There is no ~.」と「There are no ~s.」。

実はこれは厳密に言うと正しい英文法ではない!
のです。

では、正しい言い方は;

There is not any (more) food in this house.

そして

There are not any (more) pens in my pen case.

となるのです。





が!





これはもう明らかですね。はい、とっても違和感があります。
というのも、文法的には正しいけど、
普段そんなこと言わないから!
なんですね~。

正しい文法の英会話はもちろん基礎中の基礎ですが、
口語的表現があまりにも一般的に使われていると
正しい文法表現に違和感を憶えてしまうんですね。

まぁ、当たり前と言えば当たり前のことです。

私たちも、「文法はあってるけど、普段そんな言い方しないよねー」
って言う日本語を使う non-Japanese speakers who are
learning Japanese な人達に出会いますもんね。



ではでは。ここで日常的な「~が無い」という表現をご紹介します。

先ずはこちら。

There is no more food in this house.

そして

There are no more pens in my pen case.

二つの文の意味は、上のそれぞれの例文の意味とほぼ同じです。
「ほぼ」とここで言うのは、個人によって解釈の仕方なんて
何通りもある、ってことです。悪しからず!

では、もう一つの日常的な表現方法

There ain't no more food in this house.

そして、

There ain't no more pens in here.

これらは俗に言う Ebonics (黒人英語)ってやつですね。
最近では人種を問わず、若い子たちが頻繁に使っております。

この Ebonics、訛りがまったくないアジア人が使うのなら特に
おかしくないのですが、お国言葉の訛りバリバリの外国人が使うと
非っっっ常ぉ~~~~~に都合のいい笑いの標的となりますので
どうぞご注意を。ウケ狙いでやるのであれば、爆笑を誘うこと
間違いなし!*くれぐれもその場の雰囲気をみてから、の話ですよ!





Ebonics ついでに。

「どこどこ(主に“ここ”を指す場合が多い)」の言い方ですが、

「in here」の他に
up in here」や「in this bitch」 
という言い方もございます。

ちなみに「up in here」の発音の仕方は

アップェンヒ(‘へ’に近い‘ヒ’)ア

蛇足ですが…
ノース/サウスカロライナ周辺の訛り(有名なのがラッパーの Nelly)は
「here」が「her」と同じ発音になるんです。表示も「herre」って(爆)。





以上、「~が無い」の言い方でした。

お粗末!
[PR]
by HarlemSomu | 2006-03-28 11:49 | 総務のエイゴ
あなたは、

学校で教わった掛け算の公式について深く考察し、判断した上で掛け算、
割り算、ならびに足し算、引き算を使っていますか?

もしそれらの式について考察、判断していないとしたら、
いい大人になった今、それら「考察力」と「判断力」を
使っていないことを疑問に思いませんか?

“私には不思議でしかたないです。”

数学者からしてみたら、一見簡単にみえる『1+1=2』の『2』は、
厳密に言うと2.00000000000000000000000000000
000000000000000000000000000000000000000
000000000000000000000000000000000000001

なんだ、と言うでしょう。そして、その証明もしてくれるでしょう。


物理はどうでしょう?

摩擦が起こるメカニズム、習いましたね。
普段の生活において、摩擦のメカニズムを考えることなんて
滅多にないですね。

でも、いい大人になった今、どうしてそのメカニズムを
考察して判断しないのでしょう?いい大人になった今
これまで培ってきたあなたの能力、そう、「考察力」と「判断力」を
大いに利用しようじゃありませんか。ね?

え、そんなこと面倒臭い?

不思議なことを言いますね。それらの能力を使っていないことを
貴方は疑問に思わないんですか?

そんな貴方は“私には不思議です”。

あぁ、じゃあ、摩擦のメカニズムが載っている章の始まりを読みましょう。
誰かがそのメカニズムの成り立ちについて語っています。

そしたら、いい大人になった今、その誰かが言っていることが
本当なのか、考察し判断しましょう。それなら、そんなに難しいことは
ないですよね。


古文を読みましょう。

『源氏物語』が国語の教科書に載っていましたね。
それで結構ですので、一緒に読みましょう。

あ、そんなに興味がありますか?それなら是非、原本を読むと好いですよ。
あぁ、でも原本は一般の方が読むことは許可されてませんねぇ。
じゃあ、『原本の複写』を読むと好いでしょう。

さぁそこで質問。あなたが読んだその複写、一体本当に
「原本の」複写なのでしょうか?もしそうだと言うのなら、
証拠はあるでしょうか?

もしかしたら「完全複写」と謳っている偽者かもしれない。

どこかの有名な由緒だたしい博物館にある『源氏物語の原本』だって、
本当にそれが『原本だ』という証拠は一体どこに?

いい大人になった今、教科書に載っていた源氏物語、
そしてその複写と謳われているもの、そして原本だと言われているものの
真意を是非考察して判断してみましょう。

そこまでする必要なんてない?

そうですね。その時代に生きていた人達は誰一人としてご健在では
ないですね。それなら、その人達の日記を参考に、源氏物語の複写、
及び原本の考察、そして真意の判断をしましょう。

あ、でもちょっと待って。

その参考にする日記、嘘が書かれているかも!

じゃあついでに、それら日記の考察もしましょう。そして
嘘が書かれていないかどうかの判断もしましょう。


いやぁ、実はピカソが大好きで。

ピカソについての自伝、そして彼の周囲の人達が書いた日記。
これらは嘘はないよねぇ、流石に。

何人もの人達がピカソについて同じ嘘をつくのは、
容易なことじゃないからね。

え、でも待てよ?

もし、彼の周囲の人達全員が「よし、じゃあこう書こう!」と
同意していたとしたら…

それに、もし彼等の知っているピカソが演技をしていて、
誰も居ない部屋では全く違う面を見せる人で、そっちが本当の
ピカソだとしたら…

うーん。


ソクラテスって、凄いよね。

彼の有名な言葉、「無知の知」。
これって、『知への探求は、自分が無知であることを知ることから始まる』
ってことだって、教わりましたね。

でも、色んなところで「無知の知」の解釈を間違ってる人をよく見掛けるよ。

言葉の解釈を間違えてる人達はもう問題外として、じゃあそこのあなた。
学校で教わった通りの解釈を覚えているみたいだね。
普段滅多に使わないけど、たまに使う時に正しい解釈を踏まえて
使ってるって?そうかそうか。偉いねぇ。

では、ここで質問。

「無知の知」の『解釈』について自分の力で考察&判断を…
したんだよね?だから、時々とは言え、会話の中に取り入れて
いるんだよね。だってもういい大人だもんねぇ。

えぇ?!自分でしっかり考察、判断してないって?
それでどうして今まで「無知の知」の『解釈』が正しい
なんて、自信を持ってたわけ?!

しかも、教科書に載っている「正しい解釈」がどうして『正しい』
って断言できるわけ?それを考えることこそ、哲学の醍醐味じゃない、
ねぇ!?

「無知の知」の解釈について、いい大人が自分で
考察して判断してなかった、まして、それらの能力を使ってこなかった
ってことを疑問に思わないなんて…!!

“私には不思議で仕方が無いったらありゃしない!”



国語、算数、理科、社会、それに英語。家庭科も音楽も美術も体育も。
保健もわすれちゃいけないね。あ、もちろん、道徳も!
国語は古文、現代文、漢文。算数は次第に数学に。
数学は微分・積分、関数、えーっと、まだまだ沢山!
理科は生物、化学、物理に大きく分けられるね。
社会も世界史、日本史、政治・経済、倫理。
美術も色んな派に分かれてるし。

それら全て、もうみんないい大人なんだからさ。
学校で教わったまんまの状態で、鵜呑みの状態でい続けるなんてことは
止めなさいよ、いい加減。

自分で考察して判断して。そのうえで、計算式を利用したり、発言したり
しなさいよ。

そして、「考察力」と「判断力」っていう能力を使ってこなかったことを
恥じなさい。

そして、それらの能力を使ってこなかったことを疑問に思わない
自分自身を恥じなさい。

 
世の中の人間みーんながそうしているんだよ。
あなたが気づかなかっただけ。
そう、小学校、中学校、高校でならった教科全て



うん?

興味が薄かったから、情報として鵜呑みにしちゃってた?

あんまり深く関心しなかったから、とりあえず教わったことを信じてた?

そっか。そうだよね。

「私は一つの科目、特にある特定の事柄について教科書の信憑性を
突き止めてるのよ!他のみんなが何に興味を抱いているか何て
関係ないわ!私が興味をもったことは、他の皆だって知ってなきゃ
いけないのよ!」

あ、そう。

そんなに言うんなら、どうして他の事柄や違う科目についても
同様な興味を持たないの?もっと時間を費やせば、学校で
教わった全ての「情報」に関して、あなたのその素晴らしい
「考察力」と「判断力」を使えるじゃない。


情報として、特に信じて疑わなかったみんな。

いい大人なんだから、

学校で教わったこと一つひとつ

について、考察し、判断しなさいよね。

そうそう、それに、今まで

考察する能力、判断する能力を使ってこなかったことを

反省しなさい。

そして、それらの能力を使わなかったことに対して

何の疑問を抱かなかった自分を省みなさい。



















爆笑


そんなこと、出来るわけないじゃんねー。
地球上にこれまで存在した人、今存在してる人、
誰一人としてやってない、ってわけじゃないだろうけど。

とりえあず、ウチには無理だわ。

まして、それ程関心を持ってない事柄に時間と労力を
費やせるってわけでもないし。
他にもっとやらなければいけないこと
沢山抱えているのでね。





何でも、一つでも、とにかく自分で考察、判断していることがあるんなら、
お互い様じゃない。それで良いんじゃない?違う?

学校で教わってないことに関して
自分の考察力と判断力を使っている人達は、どうなるの?

貴方が知っていることを知らないまま、「間違った事柄」を世の中に
吹聴してる人って、そこまで愚かなの?
もしかしたらその人は、貴方が知らない、若しくは「知っていると思っている」
情報の真意について、考察、判断しているかもしれない。

もし、「間違ったことを吹聴している」って貴方が思うんなら、
その人にあなたが知っていることを提供すればいいだけの話じゃない?
あなたが知っていることだけ
丁寧に伝えればいいだけの話じゃない?



まぁでも、十人十色って言いますからね。
色んな人が色々なことに興味を抱いて、深く検証、考察、判断するのと
同じで、誰かに何かを伝える方法に関してだって、
色んな人が違う意見を持っているわけだから。

その人がどうでるか、それに応じて自分の態度を
使い分けられなきゃ、それこそ

いい大人

が何やってんだか。

って、なりかねないよ。ね?
[PR]
by HarlemSomu | 2006-03-27 16:19 | 常日頃の話

ジレンマ!

先ず、皆さんにお礼をさせて頂きます。ありがとうございます。
とっても暖かいお言葉、励まし、そして言い方はどうであれ、
気付かなかったことにウチの目を向けてくれた方。

ありがとうございます。
コレに懲りずに、これからも宜しくお願いしますです。



ジレンマなんですが… 
もう彼此4ヶ月が経とうとしてます。
「何が?」って声が聞こえそう……

えぇ、ウチのラップトップです。


未だに直しておりません。


もうそろそろ、マジで直してもらわなきゃ。でないとウチのソワソワが納まらん!
幸い、良さげなところも見つけたしね。もう本気でどうにかなっちゃいそう。



昨日は1日オフをとったんです。とっても充実した時間を過ごせました。



しか~し!


ブログ&メールが気になって気になって気になって気になって気になって
気になって気になって気になって気になって気になって気になって気になって
もぉいてもたっても居られませんでしたの。

自分のデスクに座っている時が唯一のインターネット時間なもんでね(汗)。

ブログ依存症?!

いやいや、そんなこたぁないね。

でもここ最近のウチの生き甲斐になりつつあるのは嘘じゃないかも…(汗)。

『生き甲斐』ってのは言い過ぎか(爆)。
でも立派な『趣味』として、ウチの中で確固たる居場所を築いておりますです。


1日でも空けると、読みたいブログがどんどん更新されていっちゃうし、
メールだって溜まる一方(とか言ってるけど、殆どジャンク(爆))。

それに、休み明けにいつも思うんだけど、やっぱり1日仕事場に来ないと
次に出勤した時が面倒臭い!

まぁ普段あんまりやることがないので、ちょっとくらい良いんじゃない?
ってのは嘘。

ペンは無くなるわ、冷蔵庫の中がメチャメチャになるわ、
置いておいたハズの紙類(メモ、ファイルしなきゃいけないモノ、etc.)が消えるわ。

……

仕事以外のことが面倒臭いことになるんです(笑)。


面倒なことになるのを防ぐためにも、
インターネットを満喫するためにも、
毎日出勤したほうが宜しいってことですな。


お粗末!
[PR]
by HarlemSomu | 2006-03-24 15:42 | 常日頃の話

言葉の綾って難しい…

アキツさんのエントリー、もしも日本人が奴隷だったらにトラバです。

いつもの様にコメントを残したんです。ウチはいつも通りに普通に
コメントを残したつもりだったんです。

が、今回はちょっと「いつも通り」ではなかったことがありまして。

それが今日のトラバの理由なんです。

結論を言うと、ウチの説明不足が他の誰かの気に障った(?)、と。


言葉の綾ってのは、面と向かって話をしている場合でも
誤解を招くことが多いですが、文面でとなると、誤解を招かないほうが
珍しいというか。更に説明不足でその文面が終わっていたとなると、
もう誤解を歓迎しているも同然。


ウチがアキツさんのブログに残したコメントに対して、ある人がこう言ってます。

>貴方の発言は、日本人とアメリカ黒人奴隷の歴史を侮辱しているように思えます。

ウチはそんなつもりでコメントを残したんじゃありません。
、上でも言った通り、説明不足なコメントが、まるでウチが
日本史とアメリカ黒人史を侮辱しているような状態で終わっている、と。


これは完全なる自己防衛ですが、ウチがアキツさんのところで言いたかった
ことは、

=日本の過去 … 特に日露戦争、日清戦争、及び第二次世界大戦が
終結を迎えるまで … の歴史を踏まえて、日本人にとって、アメリカの奴隷制はそれ程他人事ではない様に感じられる=

ということです。

ここでまた誤解を生むのが怖いので、ちょっと説明させて頂きます。

*アフリカと当時のアメリカとが行っていたことは、その当時+それ以前に
盛んに行われていた「奴隷貿易」の一部であり、売る側と買う側が成立してて。

日本は、それを素にした商売こそなかったものの、『誰かを無理やり
異国の地に連れて行く』という行為をしていたわけですよね。そして、
異国から連れて来た人達のことを奴隷と呼んでいたか否かの差はあれど、
『非人間的な環境の中で肉体労働を強制的にやらせていた』のであり。

故に、アメリカ黒人の奴隷の歴史は、立場が違うとは言え、日本人には
他人事として捕らえられないですね…*

と、ここまで言っておいて、更なる説明を追加させて頂きます。

今*~*でした説明ですが、その様な主張をしている人達が多い
ってことを踏まえ、ウチが単に個人的な意見をしているだけです。

ウチの意見が正しいと言い切っているわけではありません。そして、
ウチの意見を誰かに押し付けているわけではありません。

幸か不幸か、ウチの小・中・高校の担任及び社会科、歴史の教師たちは、
皆それぞれに写真、本、ドキュメンタリーを元に、教科書に載っていようと
なかろうと、「日本はこういうことをしてきた過去があります。決して同じ過ちを
犯さないために、今ここでしっかりと自分の目に焼き付け、
肝に銘じておきなさい」と言って、ビデオや写真を見せる人達でした。

中学校にいたもう一人の社会化の教師は、自ら韓国と中国に行き、
元従軍慰安婦とう方たちにインタビューをした人です。その模様は
日本のあるテレビ局でドキュメンタリーとして放送されました。
それは彼が教師になる前のことです。


日本の歴史を廻って、教科書の内容に関する問題が大きな波紋を
呼んだ/呼んでいる状態です。

アキツさんが仰っている通り、歴史を知る、学ぶ、語る、教える、ということは
本当に難しいものです。まして、こうやってインターネット上という、誰でも
気軽に読める場において、個人的な意見を誤解を招かずに述べるなことは、
更に難しいわけで。



今回のことはとても良い経験になりました。

自分の発言が間違っている・いないを別として、とりあえず、
自分の発言に対しての誤解を出来る限り招かないようにしたいなぁ、と。



ホント、言葉の綾ってのは厄介ですねぇ…
[PR]
by HarlemSomu | 2006-03-22 11:14 | 常日頃の話
暦の上では一応「ってことにはなっておりますが。

今朝の気温は24度(華氏)。体感温度は14度(華氏)…


暖かかったのは先週だったっけ?その前だったっけ??
もうとにかく、春なんてまだまだ!って言われている感じですなぁ。

はぁっ……


マンハッタンってこんなに寒かったっけ?!と振り返る今日この頃です。

冬が寒い夏が暑いって。あ、なんかこう書くと

「あたりまえだろ!」

って言われそう(笑)。

えっと、そうでなくて、冬が異様に寒いと、夏がめちゃめちゃ暑くなる、と。
こう言われております。本当かな?

今シーズンの冬は例年よりも早く訪れたような記憶があるけど…


気温は低いけど、天気はいいですね、ここのところ。
窓の外を見る限りでは、もうすっかり「春♪」。
なので、帰り仕度をしている時にいつも思うのが

「あ、もしかしたらこれ(ダウンのロングコート)じゃあちょっと暑いかな?」

ってこと。

でもでも!外のドアを一歩出たら

「うぅぅ、さぶぅ~…」

っと。毎日これの繰り返し…



日本は暖かいのかな?もうじき桜も咲く頃だよね~。

あ、桜と言えば、なんですが。

NJ にも桜が見事に咲くところがあるらしい。

今度その公園の情報をもっと詳しく調べてみますね!










ってなわけで、調べてみました。今残業手当の時間帯です(爆)。

Branch Brook Parkで桜が拝めるそうな!!

ニュージャージーの観光案内によると、どうやらワシントンDC よりも多い桜の木が植わっているそうです。

4月9日から23日までの間、桜祭り(?)をやるみたいです。マラソンやらオーケストラ演奏まであるらしいですよ、この桜祭り。

マンハッタンから電車とバスを乗り継いげば行けるそうです。地図で見ても、そんなに遠くじゃないですよ!

意外なところで日本の春を満喫出来そう♪♪
[PR]
by HarlemSomu | 2006-03-21 15:30 | 常日頃の話

おぉぉぉ!

さっき気付いてしまった!

もう午後4時半を回ったってのに、まだ一回もトイレにいっていない!!!


忙しくてトイレに行く時間がないってんじゃないです(爆)。

よ~く考えると、今日は水分の摂取量がとぉ~っても少ないんですな。
何でだろう?いつもはコップに3、4杯は軽いのに。それプラス紅茶(Decaf です)、
あとミルク or ココアを気分によって飲んだり、飲まなかったり。

でも今日は今飲んでる分がコップ2杯目。しかも、さっき2杯目をちょっと無理やりな
感じで飲み始め。

新陳代謝が悪いってことですねぇ。「今日は」って言っていいのかな?
明日はどうだろう??


あ、そんなこと言ってたら、トイレに行きたくなってきた(爆)。

では、ちょいと失礼♪
[PR]
by HarlemSomu | 2006-03-20 16:44 | 仕事カンケイ

本当の友達

カウンセラーに言われた。

愚痴を聞いてくれない友達なんて、本当の友達じゃない。
そういう人達があなたから去っていくようであれば、追う必要なんてない。

と。

彼女自身、20代後半から30代の間、人間関係で苦労したそうだ。

若かった頃は、日常の挨拶で「How are you doing?」と聞かれて、
どんなに気分が落ちていても必ず「Oh, I'm FINE. What about you?」
と返していたらしい。

理由は二つ。みんながそうしていたからってのと、暗い面を見せたら
友達をなくすかもしれないという恐怖心があったから。
彼女はそう言ってた。

でも、20代も後半に入ると、気分が滅入るようなことが続いたそうで、
そんな時にふと、『Fine なんて言えるようじゃ気分じゃない。
嘘つく余裕がない。正直な気分を言って、誰が本当の友達なのかを
試してみよう』と思ったらしい。

それからは、気分が悪い時、落ち込んでいる時は正直に「Acutulally,
I'm feeling terrible.」と言うようになったらしい。

何人かは気まずそうにして即座に話題を変え、でも何人かは
「どうしたの?何かあったの?話、聞くだけなら出来るよ」と。

それで好いんだって。彼女に言われた。先週のカウンセリングの時だったかな。

これまでも、そんなことは頭では分かってた。けど、彼女にそう言われたら、
気分がすごく軽くなった。

愚痴をこぼせない。
辛い時に辛い顔を見せられない。

友達を失うのが怖いからと言って、自分を取り繕う必要なんてない、って。


病は気から。確かにそうだよね。
落ち込んでしまうようなコトが起きて、落ち込んでたら、
益々気分は落ちていく。
嫌なことがあって、機嫌が悪いからと言って乱暴に振舞ってれば、
周囲の人の機嫌も損なう。
悲しい出来事に遭って、いつまでもクヨクヨしてたら、
なかなか立ち直れない。

そうは言うけど、やっぱり人間、誰だって弱音を吐きたいときはあるし、
自分を励まそうとして明るく振舞うにしたって限界はある。
人生を楽しんでるフリをして疲れてたら、元も子もないじゃない。

たまには息抜きが必要よね。

自分が落ち込んでる時に、励ましてくれる人がいれば心強いじゃない。
自分の機嫌が悪い時に、笑わせてくれる人がいたら、嬉しくなるじゃない。
悲しい時に、悲しみを分かってくれる人がいれば、寂しさも和らぐじゃない。
なにも言わなくても、黙って傍にいてくれる人がいてくれれば好いって時もあるじゃない。

そういう人が自分の周りにいたら、自然と自分もその人達に同じことを出来るようになるのよね。
直ぐには無理でも、そういてあげたいって気持ちが芽生えてくるのよね。

そう人が、友達なのよ。

うん、そういうこと。



広くて浅い池の中にも、どこか一つ、小さくても深い、深い穴があるのと同じ。
狭くて浅い池じゃ物足りけど、広くて深い池は… 「池」とは呼べないよなぁ。


自分に調度好い大きさで、浅い部分と深い部分がある池を。


ね、そういうこと。
[PR]
by HarlemSomu | 2006-03-17 15:28 | 独り言