ハーレムに潜んでいた総務が中華街に引越したら、経理になっちゃった。


by HarlemSomu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:総務のエイゴ( 23 )

Right Hand

久しぶりのエイゴねたです☆

昨日ちょっと気になる言葉に出会って、久々に引きましたよ、辞書を!!

随分前に電子辞書を壊して-って別に壊したくて壊したんじゃないっす。んでもって“壊れてしまった”ような、ないような-からというもの、さっぱり英語に興味をなくしてしまい… 変な話、電子辞書で色々と遊ぶ(?)のがかなり好きだったんですよ。自然と語彙も増えてたしね。一石二鳥だったんです、はい。

昨日出会ったその言葉は、どうしても正しい使い方を覚えたかったんです。

「正しい使い方」と言えば辞書でしょう。ってことで、調べた言葉がこれ。

Right Hand

一番最初に出てくる意味はもうそのまんま、「右手」なんですが、他の単語同様、いくつもの意味がありました。でもってウチが知りたかった意味が出てきたのは一番最後。

最も頼りになる人」、「~の右腕


なかなかこの意味が出てこないから、もしかしたらウチの勘違いなのか??と不安になりながらも、読みつづけましたです。*そう、英和辞典って意外と面白い読み物なんです。


やっとのことで見つけた意味でしたが、最後に出てきた和訳には「使い方」も載ってなけりゃ、例すらない。


(遠い目)


一つ目、二つ目に出てくる意味にはそれはそれはしつこいくらいの使い方や例が記載されてるのに。そんな扱いするなんて、あんまりじゃないのさ…

と少し悲しくなってしまったのでもあります。笑



そうそう、この「最も頼りになる人」が出てきた訳の「right hand」には『形』、つまり形容詞とありましてね。名詞じゃないのね~。ともう一つ賢く(?)なりました。



例文が載ってなかったのでなんとも言えませんが、まぁ多分大丈夫だろうという憶測の元に、いつくか作ってみましたです。

I'd like to support you (or someone) as right hand.

I'll work as your (or one's) right hand.

*rightとhandは別々です。そしてハイフンが間に入ることもないらしいです。二つの単語がくっついてる場合&ハイフンで繋がってる場合はまた違った意味になりますので、使うとき、特に書く場合は要注意でーす。




っとまぁ久々の総務(基、今は経理)のエイゴでした。

お粗末っ!
[PR]
by HarlemSomu | 2008-03-25 15:01 | 総務のエイゴ
(まだご対面は果たしてないけれど)いつもお世話になっているhitomiさんのブログ、エントリーはズバリ『Duh』にトラックバ~ック!

それでは勢いよくいってみましょう、「よく耳にするけど、どうやって綴るのか分からない単語集」!

*今さっき(8月24日)、一つ付け足し『huh』を入れましたので宜しゅう。

Ugh!
これはね、「あぁ、っもう!(怒)」ってのきの「ッアァ!」

Blab blab blab…
これもよく聞きますよ、きっと。「ペチャクチャうるさい」とか「くだらない話を延々と…」とか、「言うに足らないけど、とりあえずその人がずーっと話を続けてる(続けた)んだよね~」みたいなことを第三者とかに伝えたいとき、かな。これと同じ様な感じの表現で「ヤ~ダ ヤ~ダ ヤ~ダ」とか「ダダダダダ(ダーダ ダーダ ダー?)」って聞こえる表現もありますよね。*でもやっぱりどうやって綴るのかが分からん!(笑)

Hum!
これは聞いた内容を全然信用してない・賛成してないけど「へぇ、そうなの」って“一応”言ってみるときに「ハ!」。かなり近い使い方の単語、「Huh!(ッハッ!」もありまする。こっちの方が頻繁に使われてるかもしれんね☆

Uh-hun
これは結構みんなも綴りを知ってるかもしれないっす。「(ン)アーハンッ!」つまり「Yes」の口語バージョン。意味的には「そうよ♪」、「その通りっ☆」とかかな。同じ意味&使い方で「yup」とか「yep」とかもありますよね。

Uh-uh
これもよく耳にしますし、きっと使う人も多いはず。「No」の口語バージョン。「ちゃうねんっ!」とか「んも~っ、そんなんじゃダメダメッ!」とかかなぁ、意味をつけるとしたら。これまた似たような単語で「nope」がありまする。

Ha-ha
これは「(得意げになって)そらみろっ!」とか「だから言っただろう?(含み笑いをしながら)」とかってときに「ハッハァッ!」


こんな感じで如何でしょう?チャットとかしてるときに使ってみてみて~っ♪



お粗末!
[PR]
by HarlemSomu | 2007-08-23 16:50 | 総務のエイゴ

What's that?!

久々の英語ネタ。いつもコメントをくれるいずミちゃんの質問に答えまする。

さっくりと参ります☆


「What's that?」の意味ですが、たくさんあります。かなり便利な言葉です、はい。

意味1.誰かが食べている・手に持っている・使っているものを知りたい時にそれ、なぁに?

例) 友達が何やら食べている。初めて見る、なんだか得体のしれないものじゃ。そこで「What's that?」-このとき顎をクィッと上げる(顎で指図するときのような感じ)と◎


意味2.大学の教授が授業中によく使ってた。授業中、特に大人数の場合に誰かが発言や質問をして、教授が『ん、何だい?』

例) えぇっと… これは例を挙げるよりも、似たような表現や意味の言葉をいくつかご紹介します。
a. Come again? -- Repeat that again? -- Say that again?
b. Who was that? - Who said that just now?(優しい言い方&表情で、ね) -- What is it? -- What was that? -- Who is that? etc.
c. I couldn't hear that.


意味3.会話の途中、話があまり理解できないときに『何だって??』

例) う~ん… これも上手く表現できないので、似たような表現を。
a. What is it that you talking about? -- What are you talking about?(これは表情や言い方によっては非常に失礼になり得ますので要注意!!)
b. I don't understand at all. -- I'm not following. -- You just lost me. -- You've (totally) lost me (totally). -- I have no idea/clue about what you just told me.
c. Could/Would/Can/Will you explain that again?


とまぁ、ざっと挙げても三通りの使い方がありますね。

でも全てに共通してるのが


『それ何?』


ってことです。めちゃめちゃ「まんま」っす。(爆)

そしてもう一つ共通しているのが、「What's that?」と言う側と訊かれる側がそれなりに親しい間柄であるってこと。

全くの赤の他人に、例えばレストランなどで隣の席の人に、「What's that?」と言ってしまうと「この人はめっちゃフレンドリーな人なんやね」と相手が思うか、運が悪ければ「なんだコイツ?!」と気味悪く思われる・変な人扱いされるのでご注意を!!



便利な言葉に共通して言えるのが、便利だからこそ、気心の知れた人たちのあいだで使われるべき、ってことですね。フォーマルじゃないってことです、要は。

フォーマルで便利なんて言葉・表現は恐らく…無いでしょう。(笑)

と云うことで、以上、『What's that?』でしたっ。

お粗末!
[PR]
by HarlemSomu | 2007-07-22 09:03 | 総務のエイゴ

例文、あるわよ~!

随分前に書いたエントリーの例文、今さっき書いてた“ ”(クォート)の例文を考えてたら色々浮かんだので、忘れないうちに書いちゃいます。

って、別に人様に読んでもらうほどのもんじゃないんですが。笑

ウチ的に結構引っかかってたんですね、実は。爆 なので、胸のつっかえを取り除くための極めて個人的な作業として流してくだされ。

*あくまでもですので、誰かが実際に言っていたってわけじゃないです。完全にウチの頭の中で作り上げた例文さんたちですのでご了承ねがいます。

例1. I'm-a-supermodel kind of attitude → 要するに“ビッチな態度”ってことです。

例2. He's a I'll-do-anything-for-you-babe type of guy → 彼はスウィートって言いたいだけです。

例3. Do-It-Yourself (よく"DIY"って省略されてますな) sort of thing → 自分でやれるようなこと
*DIY を辞書でひくと、日曜大工って訳がついてるかもしれないです。

例4. All-You-Can-Eat restaurant → 食べ放題のバフェ(バイキング、だったっけ?)のこと --- これは実際にみんな使ってるね。「バフェ」なんて言う人を見かけないくらい。



と、ここまで書いてたらまた忘れ始めちゃった。あは。

さっきはあーんなにたくさん、いっっっぱい、例が頭に浮かんだのにさ。っちぇ

っまいっか。

それじゃそろそろ仕事してるフリに戻りますね。爆
[PR]
by HarlemSomu | 2007-03-02 15:48 | 総務のエイゴ
日常エイゴでちょこっと触れたクォートについて、もうちびっと説明をつけますねー。

会話のなかでこれを使えるようになると、結構楽しいですよ。少なくともウチはかなり好きです、このクォートを使うの。

ニュースの、に限らず、レポーター達もクォートを使いますが、この場合は論文とかで使うクォートと同じ使い方: 人の言葉や文章を引用するって使い方ですな。


あ、そうそう、この引用に関して、ウチ的にどうしても許せないことがあるんですよ。
と言うのもね、誰かが言ったことの引用の始まりにはちゃんと「クォート」って一言つけてから引用文に入るくせに、引用の終わりにいうべきはずの「アンクォート」ってのを言わないレポーターが多すぎる!!

もう引退(?)しちゃったけど、CBS の Dan Rather だけよ、必ず毎回「アンクォート」って言い忘れなかった人は。あのトム・ブロコウでさえ「アンクォート」って言ってなかったもんね。『さすが、Dan Rather だね~』なんて一人関心してたよ。笑

時々いるよ、アンクォートを言い忘れないレポーターも。そういうときはかなり清々しいです、えぇ。でもね、引用文の終わりに「アンクォート」を言わない連中がとにかく多すぎるのじゃ!


さて、話を元に戻しましょう。

普段の会話の中で使う場合のクォートは、まず両手でピースサイン(じゃんけんのチョキでも結構です)を作って、それぞれを同時に2回すばやく曲げる。それがクォートのジェスチャー。

で、いつ使うか。

これね、意外と簡単よ。なんにでも使えるって言っても過言じゃないかもしれないってくらい。な~んて言うのは過言ですが。爆

大抵の場合は一単語につけるクォート。
その単語の本来の意味じゃないことを意味するときに、クォートを使うんです。

: 女友達二人が、その場にいない友達の最近の男関係について話をしているシチュエーションを思い描いてくだされ。*クォートって書くのは面倒なので、“ ”が付いてる単語は「その単語の本来の意味以上のもの」を意味しているってことを踏まえてくださいな。

女友達A: ねぇ、Cの最近の“友達”の話、訊いた?

女友達B: え、Cの友達?あ~、はいはい、あの例の“友達”ね。もう連絡取ってないらしいよ。

女友達A: やっぱりね~。笑

と、こんな風にクォート(ピースサイン/じゃんけんのチョキ)を使うんです。

この例の場合、Cのお友達さんは、周りからみたらどう考えても彼氏としか見えない男の人をCさん本人は「ただの友達」と言い張っている、そんな背景がうかがえます。

時々、ホントに時々、単語だけじゃなくってもクォートを使ってる人を見かけます。良い例が浮かばないんですが、とりあえず『単語にしか使わない』ってわけじゃないってことで。


日本語で会話してるときにもクォートを使っちゃいますよ、ウチなんて。だって便利なんだもん。ウチだけじゃなくって会社にいる他の日本人の女の子たちも使ってますし。使い始めると慣れちゃうんですよ。

ただ一つ。


濫用は禁物。


あんまり頻繁に使ってると、話し相手にウザがられる。
それにね、本来のクォートの嫌味ったらしさが薄れちゃう。爆


ってなところで、失敬!
[PR]
by HarlemSomu | 2007-03-01 15:13 | 総務のエイゴ

日常エイゴ。

本日(2月27日)二つ目のエントリー。
ちょっと波に乗ってるもので。爆

久々に参りましょう、総務のエイゴ!
今日は「日常エイゴ」ということで、一つ目のエントリーにちょいと関連した話題に仕上がっております。

Stop for somebody
これはもうそのまんまの意味ですね。「誰かのために立ち止まる」ってことです。
外を歩いていて、声を掛けてきた男のために歩く速度をゆるめたり立ち止まったりすると、男は「You really stopped for me?!」と言って、いい意味でも悪い意味でもかなり驚きます。

彼氏や彼女との他愛のない会話のなかで「I stopped for 誰々 for a second.」とか言ってしまうと、ナンパしてきた人に気があったのか?!と喧嘩のもとになってしまうので要注意。


You're (so)cute.
これはもしかしたら前にも書いたかもしれないんですが、日本人女性は要注意です。

まぁ、解釈は人によりけりだとは思うんですが、一般的に、女が男に「You're so cute.」と言うと、男はウハウハとついてくるでしょう。

日本人(とくに女)はとりあえずなんでも「かわいい」で表現しますよね。
「You're cute.」のキュートがたとえ "baby cute" の意味であろうとも、"pretty boy cute" の意味であろうとも、ここいら(ハーレムだけじゃなくって)の男にそんなことを言ってしまった日にゃ、「おぉ、こりゃ俺もかなり脈ありやね」と誤解されること間違いなし。

彼氏や彼女がいる人。間違っても彼/彼女の友達を「He/she is cute.」と言わないほうが無難です。『容姿が良い』という意味で褒めるのであれば「He/she has a pretty face.」とか、そのまんま「He/she is a good looking guy/girl.」と言うと余計な痴話喧嘩が減るでしょう。


jump-off
これは話の内容やシチュエーションによって意味が変わってくるんですが…
男同士が女の話題で盛り上がってる(あ、別に盛り上がってなくってもいいのか(笑))ときにこの言葉が出てきたのなら、「尻軽な女」という意味で使われておりますのでご注意を。

くれぐれも「She's a jump-off (クスクス笑い).」とか言われないようにいたしましょう。


talk to someone
こう言うと「誰かと付き合ってる」って意味とほぼ同じことになります、とくにハーレム近辺では。
電話とかしてる最中はそりゃ「誰かと電話中」って意味にしかなりませんが。(笑)

「He's a guy that I've been talking to.」とか言うと、最近目ぼしい男を見つけた&結構いい感じの仲って感じになります。

元彼/彼女に「Are you still talking to 誰々?」って訊かれたのであれば、それは「あんたまだアイツとそういう関係なわけ?」と言われてる=やきもちをやかれてるも同然です。


chill with someone
『someone』が異性の場合(あ、同性愛者は“同姓の場合”ですね)、これは場所に限らず「誰かとまったり(クォート付き)する」ってことになります。わかります?“クォート付き”ってのは、ピースサイン(両手です)を作って、その両手のピースを2回曲げる、あれです。間接的に「誰かとイチャイチャする」ってことを表現するってなところですかねー。


go out with someonesee someone
これらはかなり一般的な表現ですので知ってる人の方が多いんじゃないでしょうか。「誰かと付き合う」って意味です。辞書にも載ってるかもしれないっすね、「see someone」のほうなんて特に。



えぇ~、こんな感じで如何でしょう。
いつものことながら今回のエントリーも役に立たないことばかりですが、楽しんでいただけたでしょうか。(笑)

お粗末!!
[PR]
by HarlemSomu | 2007-02-27 16:44 | 総務のエイゴ
シーズンは終わってしまいましたが、久々に総務のエイゴのネタになる言葉に気付いたので、載せちゃいます。

先ず一つ目。あ、そうです、今日は一つ以上(と言っても二つだけですが(笑))あります。


てなことで、一つ目。

Happy Holidays

そう、複数形なんですよ。

と、ここまで書いておいて去年も同じことを書いたような気がしてきた…



はい、全く同じことを書いておりました。



っと言うことで、今日の二つ目(?)。一つ目は去年とかぶってたから、これが一つ目なのか?まぁそんなこたぁいいか。

Happy New Year。

これさ、年が明けたあとならわかるよ。『ニューイヤーだね☆ハッピーだね♪』ってことで。

でも年末、年がまだ明けてない12月に「ハッピー ニューイヤー」って言うのは正しいのか?っと疑問に思ったわけです。


似たような掛け声、挨拶(爆)に『メリー クリスマス!』ってありますよね。道で行き交う人にも言うこの言葉。
これの場合、メリー(merry)は動詞としての意味もあるから、クリスマスを楽しみなさいねっていう意味があるから、命令形の挨拶としてウチの中では解決してるんです。

同じホリデーシーズンの挨拶に『Happy Hanukkah!』ってのもあるけど、これは8日間だか続くホリデーの間ならいつ使ってもいいわけでしょ?ほら、年が明けた後の「ハッピーニューイヤー!」って言うのと同じでさ。

しかも、ユダヤ教徒じゃない人は基本的にいつが Hanukkah なのかなんて、カレンダーをよく見てなきゃわかんないから、ノン・ジューイッシュのウチはこの掛け声挨拶に関しても納得(?)済み。

あ、因みに Chanukkah って綴りもあるらしいよ。NBC だかの夕方6時のニュースでこう書いてあった。


さて、だから年明け前の挨拶で『ハッピー ニューイヤー』は果たして正しいのか?っていうウチの素朴な疑問。

人によっては「Have a Happy New Year!」って言う人もいます。ウチも含めて、ね。

でも多くの人 including このオフィスのノン・ジャパニーズのみんな(えぇ、マジで皆です)は年明け前に「Happy New Year」と言うじゃないですか。

ハッピーって単語に動詞の意味なんてあったっけ?

とね。これがウチの素朴な疑問なのですよ。


そして考えたわけです。その結果、



そんな細かいことに拘る必要なんてねー


ってこと。爆

そう、とりあえずホリデースピリットがありゃそれでえぇっちゅーことなんですな。





と、こんな感じで、終わりに締まりのない格好になりますが、今回はこれで。

失敬!!
[PR]
by HarlemSomu | 2007-01-04 11:55 | 総務のエイゴ

gotta と gonna と。

今日二つ目の投稿。今日はいつになく暇アーンド、上司が外出中(笑)。

あ、そうそう、ミクシィでは言ったんだけど、ウチの上司が最近入れ替えになったのですよ。
今までの上司B松は先週日本に帰任(帰任が決定したのは9月半ばだったけどさ)。先々週の木曜日に日本(東京)から一人、ウチの上司の後任が赴任。

まぁこれはまた今度書きますわ。



そう、それで今日二つ目の投稿。

gonnagotta


gonna は『going to』の話し言葉&省略してある書き言葉。

going の前には am とか are、is の Be 動詞がくるわけでして。
それは口語だろうと文語だろうと、違いはござぁんせん。

意味は…

これはまた今度ってことで(笑)。
だって、意味とかニュアンスとか、そういう類はいくらでも書けるし、
例を挙げてるとキリがないと言うか、短く終わらないからさ。


gotta は『have(has) got to』の現在完了形(だっけ?)とか『got to』の
口語&省略された書き言葉。

意味は、これまた「また今度」ってことで(爆)。
だって、これも長~くなりそうなんだもーん。

それにね、「have got to」の省略(?、というか 've の部分が聞こえない・言わない場合)の gotta の意味とかニュアンスは、単なる過去形のときの「got to」の省略のときのそれとは違うわけでして。

それらの例文を挙げてると、これまたやっぱしキリがないっちゅーか何ちゅーか。


まぁいいや。とりあえずこの二つ。

よく聞く(particularly, almost exclusively from 英語を第一言語としない人たち)のが

I gotta do such and such...」



「I'm gonna do such and such...」

が all mixed up されてる場合。

かなり頻繁に耳にする&bother me so, so much なのが


I gonna do so and so......』



もぉね、これは非っっっ常ぉ~~~に

歯がゆい
んです!!


だってさ、ウチは別に注意を出来るような立場にあるわけじゃないし。

もし注意した(出来た)としても、聞く耳をもたない人に限ってそういう使い方をしてる場合が多いわけなんよ(苦笑)。


別にさ、そう言うのが禁止されてるってわけでもなけりゃ、
いくらそれらを“正しく”使ったところで、口語&略語であることに変わりない イコール “正しい英語”を使ってるってわけじゃない、でありますしね。

でもね、一つだけ確実に言えるのは、
I gonna do such and such...』
って言っている外国人をコ馬鹿にする native English speakers が多い
ってこと。

たとえその人(non native English speaker)が普段とっても綺麗な発音で話をする/語彙が豊富/その他諸々…な人であろうと、『I gonna ...』が与える悪い印象 to ネイティブ・アメリカ英語話し手は計り知れないんですよ!

別にね、ウチは“馬鹿にされちゃなんねぇっ!”って言ってるんじゃないけど。
同じ立場(英語を第二言語として使っている)にあるウチとしては、同朋が馬鹿にされてるのをそう易々と流したかぁないとでも言うんでせうか。


おぉっと、調子にのって二つも投稿してたら、こんな時間(午後4時)になってしまうではないか!!

って別にやらなきゃいけないことがあるわけでもないんだが(爆)。


んじゃま、そんな感じで。
[PR]
by HarlemSomu | 2006-11-14 15:59 | 総務のエイゴ

though... You know?

大変長らくお待たせいたしました(笑)。

気を取り直して、早速参りましょう。


新英和中辞典 第6版 (研究社) より
though【古期北欧語から】
=接続=
1 a [しばしば even 〜 で] …だけれども,…にもかかわらず (→although 【語法】)
  b [追加的に従節を導いて] もっとも…であるが
2   [しばしば even 〜 で] 《まれ》 たとえ…でも,よし…にせよ
→as thugh
→Wht thugh…?
=副=
(比較なし) [文尾・文中に置いて] 《口語》 でも,もっとも,やっぱり
例文:The work was hard. I enjoyed it, though. 仕事はきつかった, もっとも楽しかったが。


っと。

さすが辞典。例文がめちゃめちゃ素晴らしい例となっております(爆)。

今まで何の気なしに使っていたのですが、今日改めてこうやって日本語の解釈を読んで
まさに目から鱗、状態です(笑)。

基本的には “but” と同じなんですよ(少なくとも今までそう思っておったです(汗))。
ただ単に、いっつも “but” ばかりを使って否定をしてるのも脳がないってだけのことで
結構頻繁に “though” を使うなり、とね。

それだけのことっすよ。そんな堅っ苦しく身構える必要、ござぁせんのよ!
英語だって日本語と同じ、コミュニケーションの一部ですから♪

とにかく使って使って使いまくって、間違った使い方をすればきっと周りが
変な顔をするでしょう(爆)。もとい、その間違いを直してくれるでしょう。

例え間違いを直してくれなくとも、あなたに対する返事に困ることでしょう。
そしたら『あぁ、きっと何かが間違ってるんだな』と思えば済むことで(笑)。


上の例文を更に口語っぽくすることも不可能ではないですよ。

The work was hard, but I enjoyed it, though.

しっかり読むとおかしいです、この文。でも普段の会話で言う or 聞く分には
何の違和感も感じないですよ、実際。


それよりもですね、違和感を感じるといえば “you know” の濫用ですよ。
文頭や文尾にたま~に付けるくらいならまだしも。

“you know” を頻繁に使う人は “like”も同じくらい頻繁に使ってますよね。
若い人、いやいや、教養のない人、いんや、例え教養のある人でさえも、時々見かけます。

“you know” にしろ “like” にしろ、濫用すると


かなりのアッポ


に見られるので、要注意です。


以下は、恐らくかなりイライラすると思うのですが、you know と like の濫用文です(爆)。

You know, I don't like kids who say "like" too many times when they talk. It's like they sound so stupid, and like, it makes me feel, like, so sad, you know what I mean? And like, everytime I hear kids saying "like" too many times, I feel like "shut the F*** up!", you know? I don't understand, like, how the hell they can use "like" so many times at once, you know what I mean? It's like they never finish English classes, like they all get, you know, an F in it or something, you know? Otherwise they don't say "like" that often, you know where I'm coming from? Well, you know, me being the way I am, a college grad and having a career, to me, it's like I don't think they "learn" English in school, but like, they never take it serious or something, you know what I mean? I mean, if you use "like" too many times, it's like, you know, it just makes you look so uneducated or something, or like, you don't know any better, you know what I mean? I just can't stand those kids and, you know, I just don't know how to use "like" so many times when they talk, you know?



えー、あんまり良い例文だとは思えないのですが(爆)、こんな感じでどこにでも入れられるんですよ、“you know” も “like” も。

テレビ、特にプレ・ティーンやティーネイジャー向けの sitcom を見れば、ウチの意図するところを恐らく判っていただけるんじゃないか、なぁんて思うんですよね。

日本語で言ったら、“あのぉ~”とか“そのぉ~”をやたらめったら使う、そんな感じでしょうか?
よく判らんですが(笑)。



ん~… 例文を何回も、読んで書き直して付け足して削除して、としていたら何だか頭がムズ痒くなってきたゾ。

何を言わんとしていたのかさえも考えられなくなってきた(爆)。

ってなわけで、まとまってないかもしれませぬが、この辺で。

失敬!
[PR]
by HarlemSomu | 2006-09-22 16:11 | 総務のエイゴ

感覚!

☆今日の『総務のエイゴ』はいつもとちょっと違いますよ☆


今年で9年目に入ったアメリカ生活も、今でこそ、コミュニケーションにさほど大きな支障なく暮らせておりますが、こっちに来た当初は、そりゃもう大変だったんですよ。

まだ英語がちんぷんかんぷんだった1年目。ウチの脳の中では、英語よりも日本語の方が圧倒的な割合を占めておりやした。

その頃は

えー、○○○って英語でなんて言うんだっけー?

なんて風に、日本語の通じない相手にもつい日本語で話し掛けてしまったことが無きにしも非ず(爆)。

そろそろ1年も経つなぁって頃。
英語だけの生活にも慣れましたよ、さすがに。

でもね、その頃から、新たな問題が浮上するようになったのです!


その頃のウチは、お陰様で独り言も無意識のうちに英語(今思えばしょぼしょぼ英語だったけど(爆))で言うくらい、頭の中を占める英語の割合が高くなってたんですわ。

でも、ある日、いつものこと。

*いくら英語に慣れたとは言っても、やっぱり20年間日本語オンリーで生活してきたわけですから、たったの1年で存在する英語単語の多くを網羅するなんてことは不可能なわけで。

そう、だからとにかく(笑)いつもの様に、ある日、何と言うのか分からない単語(表現だったかな?)が、会話中に出てきたんですね。

口頭で「How should I say? Uhm...」とか何とか言いながら、頭の中では

えっと、日本語で……


頭の中は完全なる空白


(-□-|||)


口もパクパクしちゃいましたよ、金魚みたいに。←これ大マジ!


そしてその瞬間、ウチはマジでパニクッたのであります(爆)。





和英辞書すら引けないじゃないかぁあああ!





もうね、頭の中が文字通りまっちろになっちまうんでっせ!



解決策は、まぁなんてことなく直ぐ見つかったんで、事なきを得たんですがね。

英語のまんま、「これこれこういう時は何て言うの?」と話し相手に聞いただけ(笑)。

でも自分の中では「ほらっ!こういう感覚のときに言う言葉だってば!ん~っもう!」
“こういう感覚”がグルグルグルグル、そして心のなかではモヤモヤモヤモヤ、
してたのでありますよ。


そりゃもう本っ当~に


大ショッ~~~ク!


でしたです。英語でも日本語でも表現できないって思った瞬間は。だって、
英語もまだ充分でないのに、母国語であるはずの日本語も浮かばないんですぜ?


アタイはこれからどの国で生活すりゃいいのさ… (!ヘ!)グスン



それからも似たような状況に幾度か陥りましたです、はい。
そうね、4年が経つころには、さすがに頻度も落ちたけれどもね。



日本語でも英語でも分からない単語アンド状況/表現に陥るたびに思ったことが一つ。

語彙がまだ充分でないちっちゃい子って、
きっとこんな感覚なんだろうなぁ


ってこと。

でも子供って、「これこれこういう状況の時はなんて言うの?」と状況を説明するだけの単語力すらないわけでしょ。

それでも、きっと彼らの頭や気持ちのなかでは、“こういう感覚(それプラス“こういう状況”だろうね、子供の場合)”ってやつが、グルグルグルグル廻ってるに違いないんだし。でもって心の中にはモヤモヤがあるんだもん。

そりゃ癇癪も起こしますわい(笑)。



でもね、

日本語でも英語でも、大人でも子供でも、

“こういう感覚

ってふうに感じるってことが大事=語彙を高めるのに役立つんだなぁ

っと、思うのでしゅよ。

ねー。
[PR]
by HarlemSomu | 2006-08-16 11:33 | 総務のエイゴ