ハーレムに潜んでいた総務が中華街に引越したら、経理になっちゃった。


by HarlemSomu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

気配り と 気遣い

日経新聞の「Business Basics」ってページ(コーナー?)に載ってたコラムからです。
マナーデザイナーの岩下宣子(のりこ)さんが監修なさってるんだか、ご本人がお書きになってるのか。その辺りは定かじゃないです(笑)。でもとっても心に残ってるので、ちょびっと抜粋。


 ……「気配り」は「不都合、失敗がないように、あれこれを気をつけること」、
また「気遣い」は「あれこれとこころをつかうこと。心配」とあった。

 気配りだと、相手が喜ぶようにとそれなりに頭をつかうので、実際にうまくいくと
相手だけでなく自分も楽しく思えるはずだ。客観的に自分や周囲を見る眼を養う必要
もあり、自立心や共感能力を磨くことになる。

 一方気遣いは、こちらも相手も疲れさせる。…

 本当の気配りとは相手に気を使わせないこと……


ここで「そんなこと言ったって、それは岩下さんが個人的な経験・知識から導き出した
“個人的な感想”に過ぎない」って、言おうと思えば、不可能なことではないですな。

自分なりに「気配り」と「気遣い」をうまく使い分けられている人がこのコラムを
読んだのなら、ウチみたいに大きく感銘してないかも。

言葉ってモンはさ、誰かいつその単語をそういう意味で使い出したのかなんて
定かじゃないし、その言葉がある物・行動・状態を表すのに「正しい単語 or 意味」
だなんてこと、誰が決定したのかだって疑問だし。
従来通りの意味で使われていない言葉(例えば… うーん、思いつかない;爆)
もあれば、カタカナ英語(和製英語)だの何だの、“新しい”日本語だってあるわけで。

だから、誰か(今ここの例を使うと岩下宣子さん)が言ってることを鵜呑みにする必要なんて
全くないし、賛成する必要もないし。だって、それ(彼女が言っていること)はもしかしたら単なる「一個人としての考え」に過ぎないかもしれないわけで…


でも、そういうこと言ってると「またしてもプチ哲学的な考えを…」ってなるから、
今日はそんなことは抜きにして(笑)。ウチはとにかく、岩下さんが仰っていることに
素直に感動したわけですがな。

えぇ、なので、長くなりましたが、ウチが言いたいことは、

自分の「気持ち」を誰かに使うんだったら、どうせなら
自分が疲れない&相手が嫌~な気分にならない「使い方」をしようぢゃーないか!
って自分の中でちょっとした「革命」が起こったんだす。

っちゅーこってす。はい。
[PR]
by HarlemSomu | 2006-02-03 15:53 | 常日頃の話